あやかしトリオのごはんとお酒と珍道中 ~幻月夜のひと騒ぎ~

あやかしトリオのごはんとお酒と珍道中 ~幻月夜のひと騒ぎ~

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

リサーチ会社で働く朋代は、自称イケメン蛇神のアラヤマツミと料理上手な烏天狗のハガミと三人でシェアハウスをしている。
朋代は、ハガミのつくるおいしい薬膳料理に舌鼓をうちながら二人に愚痴を聞いてもらう日々。
雪の降る日、配置薬の配達のために河野がやってくる。
麻里の誕生日にプレゼントを渡さないと言う河野に朋代がプレゼントを渡すべきと説得し、一緒にプレゼントを選びに行くことに…!?

ファン文庫人気シリーズ『河童の懸場帖 東京「物ノ怪」訪問録』のスピンオフ第2弾!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
マイナビ出版
掲載誌・レーベル
マイナビ出版ファン文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2021年10月29日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
1MB

あやかしトリオのごはんとお酒と珍道中 ~幻月夜のひと騒ぎ~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年03月23日

    前回に引き続き、妖怪と人間の同居生活です。
    あるいかわらず色気はないですが、家でお祭りとか楽しいこと満載!

    前回同様、ちょっとミステリー的な要素はありますが基本美味しいもの食べてる平穏な日々でほっこりします

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

マイナビ出版ファン文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング