悪魔とのおしゃべり

悪魔とのおしゃべり

作者名 :
通常価格 1,683円 (1,530円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

20万部突破! 大ベストセラーとなった『神さまとのおしゃべり』発売から早3年。
世界にある「ありきたりな教え」や「道徳的な成功法則」に飽ききっていた主人公の目の前に、突如おしゃべりな悪魔が現れた! そして、みつろうに問うのだった。

「“善い行い”をし続けて、幸せになれた奴はいるか?
親や、学校や、道徳の教えのほうが、まちがっていたのさ。
我が悪の軍団は、貴様らの願望を満たす“本当の方法”を知っている」

何も言い返せないこの青年は、まんまと誘惑に乗っかり、悪の手下として「正しさを疑う旅」に出ることになった。
ただ、乗ったその船の向かう先は、地獄ではなく天国であったことを、あなたに初めに伝えておきたい。

――悪魔のささやきが超魔速で、決まりかけたあなたの人生を変える! 価値観ぶった斬り実用エンタメ小説がここに完成です。

※この物語、劇薬につき取扱注意。そのままの人生を送りたい人は、絶対に開かないでください。


*目次より
第1章 正しさを、疑え!
第2章 怒れるヒーロー
第3章 人間スーツ
第4章 身体は、神殿
第5章 脅し始めた、お守り
第6章 リンゴの主張
第7章 イイヒマニア
第8章 宇宙システムの始まり
第9章 この世は、勘違い合戦
第10章 運を悪くする、良い方法
第11章 あなたは、宇宙の孫の手
第12章 あなたは何も悪くない
第13章 不可能とは「正しさ」を乗り越えられない者の言い訳

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
サンマーク出版
ページ数
574ページ
電子版発売日
2017年10月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
55MB

悪魔とのおしゃべり のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年08月11日

    分厚いけどスラスラ読めた。
    もうちょっと楽しんで生きよう。真面目な生き方してる人間には、考え直すいい切っ掛けになる本。
    願い事のやり方について、よく既に願いの叶っている自分を思い浮かべろとあるけれど、これにはその理由も書いてあったので参考になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月28日

    youtubeの本要約チャンネルで見て
    面白いなと思ったので購入。

    みつろうさん自体は講演会の動画を
    見たことがあったのでノリも知っていた上
    悪魔ってところが面白いなと思いました。

    なかなか難しいところもありますが、
    みつろうさんのノリで軽く解説してくれ、
    受け入れやすかったです。

    ほんまそれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月05日

    肩の力を抜きながら読めて日常でのとらわれのない視点に気づける

    どれだけ想像力をもてるかが幸せへの近道(^-^)

    再読だけど新しい感覚もありました

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月16日

    生きる上でのtipsが多数、、、そして、これがセンスというのを学べる本

    ・理解できない話にこそ耳を傾ける
    ・相手に期待しない(イライラしたら)
     – 私が勝手に期待したkらだバカヤロー
     – 今、自爆中だコノヤロー
    ・この世はブランコ
     – 絶対に表と裏が有る
    ・運を良くする方法は「ありがとう」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月07日

    さっと読んでいくと何を言ってるんだろう?と歩に落ちない箇所がたくさんあるが、立ち止まりながらよくよく読んでみると、突然その考え方を実感できる時がくる。そんな時には考え方をぐるんとひっくり返されるような感覚になり、とても面白い本。スピリチュアル本として参考にするというよりかはアトラクションを体験する感...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月28日

    確かに、わたしとせかいしか存在しないと思えば、他人や上司について考える理由すらない。
    試しに1日断食したら、意外と食べなくても問題ない。むしろ、今までどんだけ食べたい欲求に囚われていたのか分かった。
    今まで常識とは何か考えていたが、考える必要すら無い。
    ふざけた表紙だが、内容は深い、とわたしは思った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月15日

    こんなに面白く、科学的に、分かりやすく、言葉にしづらい「宇宙のしくみ」を解説してくれた本は見たことがなかった。とにかく衝撃的な一冊。一家に一冊置いとくべきものだし人生のバイブルとして定期的に読み返したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月28日

    悪魔とのおしゃべり。さとうみつろう先生の著書。悪魔とのおしゃべりというタイトルからは何だか非科学的で思い込みが激しい妄想だらけの自己啓発本のように思えるかもしれないけれど、読んでみると自分との向き合い方や世の中の仕組みについてまで考えさせられる一冊でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月03日

    ・ビッグバンの前、せかいはひとつだった。それでは体験ができないので、2つに分かれた。「わたし」にあるものは「せかい」にはない。「せかい」にあるものは「わたし」にはない。見えないものはすでに「わたし」が持っている。
    ・存在するものは、三位一体。見る者、見られる者、「見る」という行為。
    ・ブランコ理論。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月30日

    正しさを信じるな。面白い考えです。正しいを信じた時点で成長が止まるとはなるほど!と思えました。この考えがあればなんでそんなふうに考えるの?や、間違ってる!などといった苛立ちは起きず、楽に生きれるようになります。私の正解は他人の不正解、また逆も然り、ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています