愛の忘れ形見

愛の忘れ形見

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
紙の本 [参考] 722円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私はただの繭。赤ちゃんを産んだら、からっぽになって去るだけ……。

天涯孤独のアリナのお腹には今、小さな命がすくすく育っている。でも、その子と彼女に血のつながりはない。度重なる流産の末とうとう子宝に恵まれなかった友人夫妻のために代理母を買って出たのだが、不幸な事故で夫妻はこの世を去ったのだ。悲しみのなか、アリナは亡き友の兄で大富豪のイーサンを訪ね、お腹の子の保護者になってほしいと頼む。赤ちゃんには、本当の親族に愛され幸せになってもらいたいから……。だが、イーサンの答えはアリナの予想をはるかに超えていた――この代理母契約のことを知る者が他にいないとわかるや、彼は言った!「だったら、この子供は僕ら二人の子供にしよう」

■イーサンが提案しているのは便宜上の結婚。そこに愛はなく、永遠に続くわけでもない。けれども、一緒に過ごすうちにどんどん彼に惹かれていく自分を止めることができなくて、アリナはその切ない愛に苦悩して……。孤独に生きてきたシンデレラヒロインの物語!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン・イマージュ
ページ数
160ページ
電子版発売日
2017年10月05日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

愛の忘れ形見 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年10月26日

    責任感ある誠実ヒーローは好みだし、ところどころにときめく表現もちりばめられてるんだけど、ヒロインの描写が…
    ちょっと秘密めいていて、殻に閉じこもっているところに今一つ共感できなかったから、切ない話が切なくなかった。実際は秘密は無くてトラウマで心が麻痺してたって感じ。でも、そうであることも最後まで分か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています