2030年ジャック・アタリの未来予測―不確実な世の中をサバイブせよ!

2030年ジャック・アタリの未来予測―不確実な世の中をサバイブせよ!

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

2030年までに起こる大変化
健康/教育/労働/住宅/農業/エネルギー/自動車/航空/娯楽/芸術/リサイクル……
世界を変えるために行動すべき10のアクション

エマニュエル・マクロン大統領を見出した「世界的な知性」が大胆分析する
これからの世界!

【著者紹介】
ジャック・アタリ(Jacques Attali)
1943年アルジェリア生まれ。フランス国立行政学院(ENA)卒業、81年フランソワ・ミッテラン仏大統領特別補佐官、91年欧州復興開発銀行の初代総裁など要職を歴任。政治・経済・文化に精通し、ソ連の崩壊、金融危機、テロの脅威、ドナルド・トランプ米大統領の誕生などを的中させた。著書は、『21世紀の歴史』、『金融危機後の世界』、『国家債務危機――21世紀を生き抜くための〈7つの原則〉』(いずれも作品社)、『アタリ文明論講義:未来は予測できるか』(筑摩書房)など多数ある。

【訳者】
林 昌宏(はやし・まさひろ)
1965年名古屋生まれ。翻訳家。立命館大学経済学部卒業。訳書にジャック・アタリ『21世紀の歴史』、ダニエル・コーエン『経済と人類の1万年史から、21世紀世界を考える』、ボリス・シリュルニク『憎むのでもなく、許すのでもなく』他多数。

【目次より】
◆第一章 憤懣が世界を覆い尽くす
・順調に見える世界
・世界では多くの重要なことが、悲惨な状態になりつつある
◆第二章 解説
◆第三章 99%が激怒する
・世界をより良い方向に向かわせる
・このままでは、世界は大混乱へと向かう
・激怒の社会構造
・世界中で怒りが爆発
◆第四章 明るい未来

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
プレジデント社
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年08月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

2030年ジャック・アタリの未来予測―不確実な世の中をサバイブせよ! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月30日

    2030年という近未来に起こることを悲観的な事実を並べたて恐怖心を煽られていると感じるが、これくらいでちょうどいい。
    これらの事実を直視し問題を先送りせずに必ず訪れる悲観的な近未来に対し自分は今何をするべきか?
    しっかり考えたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月26日

    この本は、
    #FACTFULNESS
    の上をいくかも

    学べば学ぶほどグローバル経済も民主主義も今のままじゃやばいってなるけど

    結局は個人が変わるしかなくて、そのカギは利他主義だ、という本

    日本の今の政治家には無理や
    仏にはアタリに諮問する政策委員会があるのか…凄いな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月02日

    第一章はデータの記載が多く世界中で起きている様々な社会問題。
    第二章から読者に投げかけられる質問、ジャックアタリの未来予測は読み手を圧倒する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月17日

    人類を取り巻く環境について悲観的なファクトをこれでもかというほど書き連ねているが、楽観的なお花畑色に染め上げた未来予想より、これくらいの重みがある方が現実味があり腹も据わる。

    最終章で人類が政治や宗教、歴史的なわだかまりを越えて共感し合い、協力する術についての提案がある。半年に一回くらいは読み直し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月17日

    「これまでに述べてきたことから判断すると、これらの問いに対する答は否定的だ。最悪の事態が起きる可能性はきわめて高い。二〇三〇年までに大きな危機や壊滅的な戦争が起きる。そして世界的な危機や戦争は、人類に不可逆的な被害をもたらす。
     否定的な理由は、地球規模の複合的な課題を自覚している人々の数が極めて少...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月03日

    フランスの思想家で、サルコジ大統領の諮問委員会通称「アタリ政策委員会」の委員長を務め、オランド大統領への政策提言や何よりアタリ政策委員会フランス政治に大きな影響を持つジャック・アタリ。本書は、世の中への警鐘を鳴らすために、最近としては珍しく世界に対して悲観的な近未来予測をたらふく書いている。
    原題の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月02日

    2016年にフランスで出版され翌年日本で出版、2020年に読み始めたため、内容に少しギャップを感じるところもあったが、文中に幾度もウイルスによる世界的ダメージが発生する可能性を示唆しており、それが正に進行している中で読み進めていたため、驚かされることとなった。

    この書籍は「父が娘に語る 美しく、深...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    《アタリはアタる》

    というのが、以前から私がなんとなく感じていたことだった。
    以前に読んだ本には、近い将来世界的なパンデミックが起こるとあったが(『危機とサバイバル』)、すでに新型ウィルスが世界を席巻したのは周知の事実である。

    そんなこともあり、2030年まであと10年となった今、ジャック・アタ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月31日

    表紙の袖に書かれている『「起きるわけがない」と決めつけても、どんなことだって起こりうる。そうした最悪の事態を予測することこそが、最悪を回避する最善の手段なのだ』という言葉が全てを物語っている。
    随所に先見性が見られて参考になる。が、数字での解説が多いので把握しずらい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月03日

    現代版ノストラダムスの大予言。ただ、ちゃんと統計データに基づいている。利他的に生きること。これは、企業も大事。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 社会・政治

社会・政治 ランキング