サービスのためのIoTプロダクトのつくり方 “IoTジャーニー”の一歩を踏み出す本

サービスのためのIoTプロダクトのつくり方 “IoTジャーニー”の一歩を踏み出す本

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

IoTプロジェクトを成功させるポイント
実際の経験に基づいて先駆者が伝授

IoT(Internet of Things)市場の急成長に伴い、大手メーカーからベンチャーまで世界中のあらゆる企業が参入を急いでいます。しかし、プロダクトで完結する従来型のものづくりと異なり、IoTのプロダクトとサービスの開発には多岐にわたる分野の知見が求められるため、失敗に終わるケースも少なくありません。

IoTプロジェクトの推進に必要な知見を全て持ち合わせている企業は、そう多くないでしょう。だからこそ、外部の協力者も含む多様なプレーヤーをうまく“指揮”することが重要です。本書では、「グランドデザイン」「ハード/ソフト開発」「チーム編成」といった多角的な視点から、プロジェクト推進のポイントを解説しています。

本書の筆者である野々上氏は、実際にスマートウオッチ(コネクテッドウオッチ)とその関連サービスの開発を通じて、プロジェクト推進のポイントを体得してきました。プロジェクトリーダーをはじめ既にIoTプロジェクトに携わっている方や、これから挑戦する全ての人に向けて、先駆者である同氏の持つノウハウを惜しみなく記載した1冊となっています。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
220ページ
電子版発売日
2017年08月03日
紙の本の発売
2017年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    [private]
    メモ
    ・分野をまたがる取り組み。密結合。第三者的な位置でのディレクターでは難しい。
    ・試作と量産化の違い(壁)⇒金型・素材・部品・生産技術。
    ・なぜIoTなのか?⇒コンセプトが重要
    ・IoTを使って何をしたいのか?⇒サービス・データ収集
    ・ハードとソフトウェアの性質と機能を考慮
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています