日米同盟のリアリズム

日米同盟のリアリズム

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【カドカワ祭ゴールデン2021 開催中!】マンガ・書籍6,000冊以上が最大50%OFF!期間限定・1巻無料作品も多数配信中★

作品内容

中国・北朝鮮は怯えている。
日本人だけが知らない 世界最強の「戦争力」の真実!

北朝鮮は核開発と弾道ミサイルの開発を続け、日本を標的にすると公言してはばからない。中国は海洋進出への野望をむき出しにし、東シナ海と尖閣諸島周辺での示威活動がニュースにならない日はないほどだ。そんな中、アメリカのトランプ大統領は在日米軍の撤退をチラつかせている。はたして私たち日本人は安全でいられるのか?
結論からいえば、日米同盟は中国・北朝鮮に対して、きわめて有効に抑止力として機能している。たとえば中国・北朝鮮の潜水艦は、すべて日米に行動を捕捉され、ニックネームまでつけられている。隠密行動が最大の強みである潜水艦がこの有り様では、日米の手のひらの上で遊ばされているようなものだ。中国・北朝鮮は日米同盟の強力な軍事力に怯えているからこそ、表向きの粗暴さとは裏腹に、実際の行動はおとなしい。
また、日米同盟はアメリカにとって死活的利益である。日本列島は地球の半分(西半球)でのアメリカの軍事力を支える「戦略的根拠地」として機能している。在日米軍基地は、出撃機能、インテリジェンス機能、ロジスティクス機能のどれをとっても米本土なみの戦略拠点であり、日本の基地負担は金額・割合とも世界ダントツである。
もし日米同盟が解消されれば、アメリカは太平洋から中東に至る地域での覇権を喪失する。日本を失ったアメリカの言うことなど、ロシアや中国どころか北朝鮮も聞かなくなり、アメリカは世界のリーダーの座から即刻転落するだろう。そんなアメリカが、日米同盟をみずから手放すわけがない。
本書は、日米同盟という世界最強の軍事力が、いかに中国・北朝鮮を抑え込んでいるかを具体的に解き明かす。
また、中国が日米同盟に仕掛けている現代版「孫子の兵法」ともいえる「三戦」、「A2/AD」の思考も詳しく紹介。著者ならではの最新データも盛りだくさん。
まさに本書1冊で丸わかり。防衛大臣より賢くなれる!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 国際
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
232ページ
電子版発売日
2017年07月20日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

日米同盟のリアリズム のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年09月26日

    日米同盟の解消、日本の核武装は現実的に無理。
    安全保障は現実のもの。
    憲法9条、安保法制、集団的自衛権、言葉だけで議論しても現実を見ないといけない。
    名著「在日米軍」「新防衛白書」以来、著者の主張はぶれていない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月31日

    日本の安全保障に大きな影響を与える、アメリカ・中国・北朝鮮の置かれた状況と思惑を、最近の各国の動きや歴史を振り返りながら読み解いている。そしてそれを踏まえた冷静な対応を日本の政府や国民に求めている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月22日

    日米同盟の価値について、戦略的な観点から説明。わかりやすいし、日米同盟の重要性を過小評価してたなと反省。まずはその価値を認識するところから日本の国防を考えねばだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月30日

    早速、内容ですが、
    はじめに 日本を守る最善の選択はなにか?
    第Ⅰ部 世界最強の日米同盟
     ◆米国は日米同盟を手放せない
     ◆自主防衛は幻想である
    第Ⅱ部 北朝鮮vs日米同盟
     ◆1994年北朝鮮核危機の真相
     ◆北朝鮮の軍事力の実像
     ◆日・米・韓の「戦争力」と金正恩斬首作戦
     ◆米朝チキンゲーム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月28日

    北朝鮮って実際どうなんでしょ…

    あの刈り上げデブが平成ミサイル合戦ぽんぽこをおっぱじめるたびに、ニュースやワイドショーでやれ大変だの心配だの言ってますよねェ。
    コメンテーターとかいう不思議な役割の人たちが…
    うーん、どうもピンと来ないんです。
    もともと安保や軍事なんてことに関する知識なんて1ミリも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    日米同盟が日本だけではなく、アメリカにとっても戦略的にいかに重要であるかという点を、対北朝鮮、対中国という観点で述べた本。
    「アメリカに守ってもらっている」という意識が大勢を占める現状の日本ですが、著者は日本の存在こそがアメリカがアジアで主導権を握る上で欠かすことのできない要件で、アメリカにとっても...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月23日

    日米同盟がどれほど米国にとって死活的に重要か?
    日本にとって、だけでなく米国にとっても死活的に重要であると?
    何でか?

    日米同盟を解消した場合、米国が太平洋の西側から中東まで、今の影響力を保つことは不可能になってしまう・・・
    つまりは世界のリーダーの座から陥落する・・・
    世界のリーダーとしての振る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています