メディアの驕り(新潮新書)

メディアの驕り(新潮新書)

作者名 :
通常価格 858円 (780円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

プラスとマイナスが逆転した価値観、過剰な「社会の木鐸意識」、あいかわらずの中東音痴……いったいなぜ、日本のメディアは間違うのか。「水玉のタイはクリーンの象徴」「ベニスの商人=悪人」論など、かつてのミスリード報道を実例として挙げながら、その背後にある驕りの構造をひもとく。情緒的平和願望に流され、知性と教養をおろそかにしたままでは、国の未来は危うい。ベテランジャーナリストによる渾身の論考。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮新書
電子版発売日
2017年07月21日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

メディアの驕り(新潮新書) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年04月08日

    タイトルとの内容のギャップはあるものの、メディアリテラシーについての良い書籍である!!誰がどの立ち位置で発信している情報なのか?など、背景理解は非常に重要である。

    また、ABCやCBCなどのメディアの立ち上がりの背景など、メディアに携わる者としては身につけておくべき教養が記されており、勉強になった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    著者は80を超えており、偏った考えの持ち主かと思ったらそうでもなく、柔軟な考えの人のようだ。新聞、テレビのメディアの有り様に疑問を呈している。もっともな内容。メディアの言ってることを間に受けてはいけないということだ。どこにプロパガンダがふくまれているのかもわからなくなっているので、気をつけたほうがよ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月28日

    沢山の目を見張る記述があります。が、少し本題からずれていっているようで残念です。ファクトとオピニオンはそんなに截然とわけることができるものでしょうか?私にはファクトが揺らいでいるようにも思えます。ちょうどフィクションとノンフィクションが混ざり合うように。著者が言うメディア・マスコミ(新聞・雑誌・テレ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています