魚河岸奉行 : 1 初鰹

魚河岸奉行 : 1 初鰹

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
紙の本 [参考] 652円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

文化十四年初夏、江戸に待望の初鰹が到来した。「御用魚」の幟をはためかせ、大名行列も蹴散らして御城へと激走する荷車には鯔背な男が一人――将軍家の食す魚を目利きする幕府賄方魚納屋役所頭取――人呼んで魚河岸奉行、大池由良ノ介である。一見遊び人風の由良ノ介だが、実は江戸の台所、魚河岸と民の安寧を守るという密命を帯びていた。由良ノ介は豊富な魚の知識と荒波が育てた剛剣、凄腕の手下を武器に鮮やかに難事件を捌いていく。期待の新シリーズ!

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
双葉文庫
電子版発売日
2017年07月18日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

魚河岸奉行 : 1 初鰹 のユーザーレビュー

レビューがありません。

魚河岸奉行 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 魚河岸奉行 : 1 初鰹
    528円(税込)
    文化十四年初夏、江戸に待望の初鰹が到来した。「御用魚」の幟をはためかせ、大名行列も蹴散らして御城へと激走する荷車には鯔背な男が一人――将軍家の食す魚を目利きする幕府賄方魚納屋役所頭取――人呼んで魚河岸奉行、大池由良ノ介である。一見遊び人風の由良ノ介だが、実は江戸の台所、魚河岸と民の安寧を守るという密命を帯びていた。由良ノ介は豊富な魚の知識と荒波が育てた剛剣、凄腕の手下を武器に鮮...
  • 魚河岸奉行 : 2 金鮪
    506円(税込)
    棒手振りの半次が富くじ百両を引き当てた。なんでも、黄金に輝く鮪が夢に出てきたのだという。別名「シビ」と呼ばれて死日に通じると嫌われていた鮪がその日を境に縁起物として江戸で大流行。魚河岸奉行の大池由良ノ介は夏枯れの河岸に現れた意外な救世主に喜ぶ。評判は宿敵・内田庵斎の娘、将軍側室お喜代の方の耳にも入り、由良ノ介に鮪料理を振る舞うよう命じる。その裏には密かな狙いがあった。超新鮮...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています