高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい

高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい

作者名 :
通常価格 825円 (750円+税)
紙の本 [参考] 924円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

北海道・札幌南高校の図書館。ここを訪れる生徒たちは、本を介して司書の先生に自分のことを語り出す。生徒たちの数だけある、彼らの青春と本にまつわるかけがえのない話。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
筑摩書房
掲載誌・レーベル
ちくまプリマー新書
電子版発売日
2017年07月21日
紙の本の発売
2017年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    進学校だけあってか、登場する生徒はみな賢そうでした。著者は個性あふれる生徒たち一人ひとりの成長を静かに見守っていて、司書という職業をとても魅力的に感じさせてくれました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月14日

    札幌の高校の司書である著者が、図書室を訪れた生徒たちの等身大の声をまとめた本書。
    10代後半、13人の高校生が主人公です。本好きになったきっかけはこの本だった、あの本は読む前と後では印象がまるで違った、その本は主人公も素敵だが周囲の登場人物が特に輝いていた――本への想いや思い出を通して歩んできた道の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月21日

     高校の図書室司書が出会った高校生達が語る読書。

     色んな学生の色んな本についての語りがあって興味深い。
     ちょっと高校生達が頭良すぎで世界観できすぎで嘘っぽさも感じるが、中高生が読むとまた違った感想を持つかもしれない。。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月13日

    札幌南高校の司書が描く南高図書局に集まる生徒たちの本との関わり方。実際に司書の成田氏が出会った生徒のうち13人からの聞き取り(?)により、彼ら・彼女らが本とどう出会いどう読んできたかをまとめています。
    出来上がった文章は、本人が読み了解を得ての書籍化とのこと。本を読まなくなったという現代で、本を通し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月24日

    ずっと、若者の書籍離れについて少し考えていました。
    大学生が本を読まなくなったとのこと。
    ある程度本当だろうとは思いますが、この本を読んでも
    やっぱり思っていたことが正しいのではないかと
    思いました。それは、現在の若者も本を読むことが好きな
    人はいっぱいいるということ。本を読むこと、それを
    頭の中で...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年12月25日

    自分が高校生の時に、ここまで考えて本を読んでいなかったことを反省。自分の世界に閉じこもることも時には必要(冬眠みたいなもの)だけれども、人は人に繋がっていないと生きられないし、繋がっていないと楽しくない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています