成田康子の一覧

「成田康子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/07/21更新

ユーザーレビュー

  • 高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい
    進学校だけあってか、登場する生徒はみな賢そうでした。著者は個性あふれる生徒たち一人ひとりの成長を静かに見守っていて、司書という職業をとても魅力的に感じさせてくれました。
  • 高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい
    自分が高校生の時に、ここまで考えて本を読んでいなかったことを反省。自分の世界に閉じこもることも時には必要(冬眠みたいなもの)だけれども、人は人に繋がっていないと生きられないし、繋がっていないと楽しくない。
  • 高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい
    札幌の高校の司書である著者が、図書室を訪れた生徒たちの等身大の声をまとめた本書。
    10代後半、13人の高校生が主人公です。本好きになったきっかけはこの本だった、あの本は読む前と後では印象がまるで違った、その本は主人公も素敵だが周囲の登場人物が特に輝いていた――本への想いや思い出を通して歩んできた道の...続きを読む
  • 高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい
     高校の図書室司書が出会った高校生達が語る読書。

     色んな学生の色んな本についての語りがあって興味深い。
     ちょっと高校生達が頭良すぎで世界観できすぎで嘘っぽさも感じるが、中高生が読むとまた違った感想を持つかもしれない。。。
  • 高校図書館デイズ ──生徒と司書の本をめぐる語らい
    札幌南高校の司書が描く南高図書局に集まる生徒たちの本との関わり方。実際に司書の成田氏が出会った生徒のうち13人からの聞き取り(?)により、彼ら・彼女らが本とどう出会いどう読んできたかをまとめています。
    出来上がった文章は、本人が読み了解を得ての書籍化とのこと。本を読まなくなったという現代で、本を通し...続きを読む