NPOという生き方

NPOという生き方

作者名 :
通常価格 679円 (618円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

福祉、環境、国際協力、学校など様々な分野に広がるNPO。その活動は、企業や行政の限界を克服し、新たな市民社会の原動力になっている。その一方、机上の理想論、脆弱な組織づくりで失敗するケースも多い。これからのNPOに何が求められているのか。まず独自のミッション(使命)を構築することから出発する、と著者は説く。その具体例として、YMCAや淀川キリスト教病院、さらに、ヤマト運輸の小倉昌男氏が創業した「スワン・カフェ&ベーカリー」の活動を紹介。他に類を見ないオリジナルな発想が求められている。また、マネジメントの視点から、卓越した事業展開、スタッフの人事管理、財務の基盤づくりなど、必要な戦略を解説する。著者は、長年ビジネスの現場に従事していただけに、非営利とはいえ自立できない組織では意味がないことを強調する。豊富な事例と体験が、感動と活力ある世界を描き出す。「もう一つの生き方」を新鮮に提示する意欲作。

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年07月14日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

NPOという生き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年08月01日

    日本の歴史的背景から形成された、日本社会、日本人の特性の解説かnpoを位置づけてある概念的な解説書。実務向きではないが、政府セクター、営利セクターに限界を感じて社会セクターに関心を持った自分にはしっくりきた。npoについての解説そのものは多くないが、哲学やビジネスの古典から、自身の日本論を展開してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月25日

    NPOを中心に据えた、日本の社会構造の変化やこれからの生き方・働き方に関する本。仕事と余暇の関係など、哲学・思想のお話もちらほら、かなり広く浅くいろんな話が出てくる。

    本書の中ではNPOの基本は"mission based management"、企業はただただ利益を追求すると...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月08日

    NPOに興味があった。
    ふと考えてみれば、どんなに技術やサービスを
    謳う企業も、営利なくしては続かない世の中。
    そんな中で「非営利」を掲げるとは、
    どんな団体なんだろう、ということが
    最初は疑問だった。
    でも読み始めると、ここには「団体」として
    存続することの真の意味が書かれていること...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月05日

    NPOとは何かを、社会論、人生哲学から説く結構固い本。
    企業でもNPOでも公的機関でも〝ミッション”がいかに大切かを論じ、現代社会の限界からNPOへの期待を書いている。

    結構固い本であることは出てくる引用著書や著者名からも分かる。
    ドラッカー(経営論)
    テンニエス「ゲマインシャフトとゲゼルシャフト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月30日

    NPOの役割について知りたくて読書。

    経営や社会学の色合いが強い本。大学の講義やゼミの教材に使われそう。

    NPO誕生の歴史、日本社会の変化、NPOが今後の社会において果たせるだろう役割など学ばせてもらえる。

    より共感してもらい賛同者、協賛企業を増やすために何が必要か。
    ボランディア組織を形成し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月16日

    NPOについての実践論というより、思想・哲学論。
    歴史的、社会的、経営論的に見た場合のNPOの可能性を論じている。
    内容的には、NPO組織にとっての官僚制の重要性を指摘した点が新鮮だった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月03日

    非営利組織化の理念がよく書かれていた。
    単純な、資本=悪、非営利=善。という風な図式化で書かれていず、比較によってNPOの特徴をあげているところにこ好感がもてた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    NPOマネジメントと企業マネジメントの違い
    そして企業家としての要素まで
    総合的に描かれている本

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    数あるNPO本の中ではよくかけていると思う。というのは、社会での役割に照らして、NPOの位置づけを考えているから。ほかの本は大抵、「会社じゃなくてNPO」みたいな安直な導入が多い気がするので。若干ドラッガー礼賛しすぎの気もするが。
    さてNPO=非営利組織の定義は利益を分配しない、というそれに尽きるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月05日

    NPOの位置づけが自分の中で明確になったものがよかった。
    行政も企業もできないが、必要とされていることを担っていくのがNPO.
    また世界が広がった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています