FPGAの原理と構成

FPGAの原理と構成

作者名 :
通常価格 3,960円 (3,600円+税)
獲得ポイント

19pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

金融などのビッグデータ処理やロボットの制御などで注目されるFPGAの原理と応用例がわかる!


 本書は、IoTやビッグデータ、機械学習といった大規模データ処理のニーズ増に伴って、その省電力性と高速な処理速度から注目を集めているFPGAの基盤技術を解説するものです。
 近年、半導体技術の進歩に伴って、やや中途半端であったFPGAの性能が著しく向上した一方で、CPUの処理能力の頭打ちが見えてきました。そのため、CPUやGPUといった汎用デバイスよりも電力効率がよく、且つ高速にデータを処理することができるようになったFPGAが、さまざまな応用分野で再注目されています。
 読者は本書を読み込むことで、FPGAのなんたるかを一通り学ぶことができ、要求されるパフォーマンスへの最適な回路設計を図ることができるようになります。また、いくつかの応用事例も取り上げているので、商品企画や研究テーマの検討にも役立つ内容になっています。

主要目次
1章 FPGAを理解するための基本事項
2章 FPGAの概要
3章 FPGAの構成
4章 設計フローとツール
5章 設計技術
6章 ハードウェアアルゴリズム
7章 PLD/FPGAの応用事例
8章 新しいデバイス,アーキテクチャ
索引

ジャンル
出版社
オーム社
ページ数
306ページ
電子版発売日
2017年07月14日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
82MB

FPGAの原理と構成 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    FPGAについて学びたいと思い購入
    FPGAの歴史、概要から始まり、設計フローやアルゴリズムなどにまで言及しており
    深く理解できる良書だと思われるが
    この本の前にも複数の基礎本を読むと良いかもしれないと個人的に感じた

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています