月夜のとらつぐみ

月夜のとらつぐみ

作者名 :
通常価格 682円 (620円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

細密なペン画、感情豊かな物語――。笠井スイの魅力溢れる初作品集。
清新なデビュー作『花の森の魔女さん』をはじめ、鳥擬人化シリーズ『月夜のとらつぐみ』『水面の翡翠』、ショートショート『遥かファンティエット』を含む全8篇。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
HARTA COMIX
電子版発売日
2017年08月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
74MB

関連タグ:

新刊オート購入

月夜のとらつぐみ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年04月18日

    発売された当初から買おうかどうしようか迷っていた本。
    ですが買って良かったです。

    7編の短編集。短いものから、少し眺めのものまであります。表紙から判断するにファンタジー色が強いのかと思いましたが、そんなことはなく、シビアな現実的なもの(世界観はファンタジー(西洋?)です)もあって、どれもじんわりと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月06日

    幻想的であったり、シリアスであったり、コミカルであったり。嘘と本当の織り込められたお話の詰め合わせ。絵がとても綺麗で、魅せ方が上手な方だと思いました。こういう、映画観てるみたいな気持ちになる本だいすき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月14日

    「花の森の魔女さん」と「猫とパンケーキ」がいっとう好き。
    美味しそうだし、「花の森の~」は、植物の描写が美しいです。
    バリバリのファンタジーというわけじゃないんだけど、神秘的な短編が多くて、絵と世界観の魅力を存分に堪能できました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    笠井スイは、一枚の絵で物語を魅せるということのできる人です。この短編集には特にその才能が発揮されています。一番お気に入りなのは『遙かファンティエット』の見開き。主人公の少年が淡い恋心を寄せるベトナム人女性が、想像上の「ファンティエット」で過ごしているシーン。ポスターにして飾っておきたいような美しさで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月23日

    雰囲気がすごく好み。特に『花の森の魔女さん』と『猫とパンケーキ』が好き。

    絵もすごく丁寧で、あたたかみのあるタッチ。憧れる。
    少し憂鬱な気分のときに読んだけど、読んでいるうちに気分が晴れて読み終わったら自分も絵が描きたくなっていたのでまたそんな気分になったら助けてもらおうと思う。

    少し話しに靄が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年06月06日

    絵柄に惹かれて買って大正解。
    物語の世界に引き込まれる。
    魅力的な絵に、どこかメルヘンチックな物語たち。
    ユーモアもある。
    絵本とか、童話を読んだ時の感覚に似ている。
    すてきな時間だった。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    キャンディー

    Manngayome 2017年09月25日

    キラキラ包み紙の甘いキャンディーをペロペロする感じの本です

    ジゼルアランと同じく、重箱の隅をつついたら…という感じですが
    そんな無粋な事はやめて読むと良いですよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月31日

    すごく繊細なお話が詰まった短編集。好きです。基本的にやさしい話が多めだけれど、個人的には最初の魔女の話は「魔女」と呼ばれる老女の環境等をよくよく考えるとたいへんにドロドロしていて、目眩がした。絵が綺麗でそんなことを全く出さない空気感だから、裏を読もうとすると余計にくるものがある…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月28日

    ファンタジーあり、人間ドラマあり、コメディタッチありと
    様々なジャンルを行き来しながら、
    温かさと痛みを醸し出す短編集。

    個人的には、バニーガールの笑顔を見ようと
    あの手この手をつくす男たちのバカさを描いた作品が愛おしかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月06日

    おとぎの国を丁寧に漫画化したような短篇集とか夜の物語だお。目がでかすぎるのが気になるけど内容はとってもいいお。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています