キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~
  • 値引き

キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~

作者名 :
値引き価格 207円 (189円+税) 5月27日まで
通常価格 693円 (税込)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ある朝、学校の理科準備室で桜井夏希が殺された。密室殺人だった。当日学校を休んでいた遠藤彼方は、友人の山崎快斗から事件の話を聞き、不謹慎ながら興味を惹かれる。刑事である山本観月と柴田旭は捜査に乗り出し、被害者の父である桜井秋園もまた独自に犯人特定を急いでいた。事件が起きても日常は進む。彼方と快斗は、休日近藤此方と遊んだり、また彼方は翌週の放課後、恋人である久保詩織と談笑しながら下校する。しかし、そこで観月に声を掛けられたことから事態は急転する。次々と不審死を遂げる学校関係者。連続殺人犯と連続誘拐犯。六年前に起きた凄惨な事件とその被害者。全てに関与する一人の人間。夏希の死をきっかけに、あらゆる歪みが露呈する。これは、謎を解き、犯人を暴く物語――ではない。

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年07月09日
紙の本の発売
2017年05月
サイズ(目安)
11MB

キリングメンバー ~遥か彼方と冬の音~ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年05月30日

    幸せになるために、人であることを嫌悪し、復讐のために殺人を犯すシリアルキラーを中心とした物語。

    狂気に満ちている中にも、殺人犯に対する嫌悪感だけでなく、
    「確かにそうだな」
    と共感できる思想が溢れているのが特徴。

    悪人(犯人)の特定は難しくなく、読んでいてどんでん返しがある訳ではないが、そこに到...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています