若さま双剣裁き 天神長屋事件帖

若さま双剣裁き 天神長屋事件帖

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

湯島の裏長屋に住まう貧乏侍・及川余一郎。その男ぶりと剣の腕から、仲間うちで『若さま』などと呼ばれているものの、その実態は、ただの遊び人。女だてらに火消しの頭領をはる母の巴に叱られ、しかたなしに日雇いの雑用仕事に出かけるありさまだ。そんななか、ひょんなことから余一郎は、旗本屋敷の火事の現場に出くわす。その屋敷の主は、佐賀藩の名門・鍋島家につらなる現北町奉行の鍋島直孝であった。以来、気楽に遊び暮らす余一郎に、なにかと接触をはかろうとする直孝。それもそのはず、余一郎こそが、直孝の実子……家を継ぐべき、本物の若さまだったのだ。江戸の快男児がさっそうと活躍する、時代活劇の新シリーズ!

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスミック時代文庫
ページ数
319ページ
電子版発売日
2017年06月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

若さま双剣裁き 天神長屋事件帖 のユーザーレビュー

レビューがありません。

若さま双剣裁き のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 若さま双剣裁き 天神長屋事件帖
    湯島の裏長屋に住まう貧乏侍・及川余一郎。その男ぶりと剣の腕から、仲間うちで『若さま』などと呼ばれているものの、その実態は、ただの遊び人。女だてらに火消しの頭領をはる母の巴に叱られ、しかたなしに日雇いの雑用仕事に出かけるありさまだ。そんななか、ひょんなことから余一郎は、旗本屋敷の火事の現場に出くわす。その屋敷の主は、佐賀藩の名門・鍋島家につらなる現北町奉行の鍋島直孝であった。...
  • 若さま双剣裁き 鳥笛を吹く女
    佐賀藩の名門に生まれた現北町奉行・鍋島内匠頭は、名家のあるじでありながら、若きころに町場で女火消しと運命的な出会いを果たし、子をなした。だが、生まれた子どもの幸せと、身分の違いを考えた女火消しは、みずから姿を消した……。そして月日は流れ、及川余一郎と名付けられた男児は、長屋の貧乏暮らしながらも、まっすぐな心根の若者に育っていた。暇と金さえあれば、悪友の草吉・珠代と遊び歩いてし...
  • 若さま双剣裁き ご落胤騒動
    裏長屋に住む若侍・及川余一郎は、日々をのんべんだらりと過ごす生粋の遊び人。その男ぶりと剣の腕前から、仲間うちで『若さま』などと呼ばれてはいたが、その実態は、火消しの女頭領を母にもつ、ただのぐうたらな貧乏浪人である。だがそんな余一郎のことを、なにかと気にかける大物がいた。佐賀藩の名門の生まれ、北町奉行を務める、鍋島内匠頭である。それもそのはず、この余一郎こそが、若き日の内匠頭...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています