落ちぶれ同心と将軍さま まぼろしの声

落ちぶれ同心と将軍さま まぼろしの声

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

北町奉行所の橋廻り同心・服部半四郎は、お役目にも熱心にならず、酒と遊びが大好きという、まっこと不真面目な男。しかも、怪しげな魚売り・磯八を手下に使い、「素っ破抜き」などという、弱みをネタにした強請りたかりを副業としていた。ところがこの半四郎、落ちぶれてはいるが、心まで腐っているわけではない。強請る相手は悪人と決め、日々をのんべんだらりと暮らしていたのだが、ある日、組屋敷に建てたおのれの長屋に、正体不明、謎のご隠居が引っ越してきた。このとぼけた老人、実はとんでもない秘密を抱えていて……。新鋭作家が描く、不良同心と隠居将軍の活躍、ここに開幕!

ジャンル
出版社
コスミック出版
掲載誌・レーベル
コスミック時代文庫
ページ数
302ページ
電子版発売日
2016年12月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

落ちぶれ同心と将軍さま まぼろしの声 のユーザーレビュー

    購入済み

    感想です

    akira 2017年02月26日

    疲れ無く読める本ですが、何かダラダラの感じがしますね

    このレビューは参考になりましたか?

落ちぶれ同心と将軍さま のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 落ちぶれ同心と将軍さま まぼろしの声
    北町奉行所の橋廻り同心・服部半四郎は、お役目にも熱心にならず、酒と遊びが大好きという、まっこと不真面目な男。しかも、怪しげな魚売り・磯八を手下に使い、「素っ破抜き」などという、弱みをネタにした強請りたかりを副業としていた。ところがこの半四郎、落ちぶれてはいるが、心まで腐っているわけではない。強請る相手は悪人と決め、日々をのんべんだらりと暮らしていたのだが、ある日、組屋敷に建...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま 蜂のひと刺し
    奉行所随一の不良同心として知られる服部半四郎はひまな橋廻りという役職をいいことに、日々を適当に暮らすぐうたら男。酒に遊びにと、それだけはやたらと熱心だが、そうなると当然のこと、懐は寂しくなる。そんな半四郎が思いついたのが、「素っ破抜き」という裏稼業……つまりは、弱みを握った強請りである。強請る相手は、強欲な商人、威張りくさった武家と決め、正義の味方よろしくせっせと銭を稼いでい...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま 想い笛
    橋廻りといえば、まさに奉行所の閑職。そのなかでも、もっとも悪評高いのが、ぐうたら同心・服部半四郎である。なにしろこの半四郎、起きるのは昼過ぎで、二日酔いの頭を抱えて向かうは奉行所ではなく、江戸の町をぶらぶらするばかり。しかもお役目そっちのけで、「素っ破抜き」などという強請り稼業にいそしむありさまであった。そんな落ちぶれ同心の見本のような半四郎だが、人としての矜持は捨てちゃあ...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま 上さま危機一髪
    町奉行所の閑職、橋廻り同心をのんべんだらりと勤め、小遣い稼ぎとばかりに悪党を強請って小金をふんだくってきた、ぐうたら同心の服部半四郎。立身出世なぞはなから諦め、欲望のおもむくままに生きてきた半四郎だったが、ひょんなことから御庭番の役目を与えられ、将軍直下の特命をくだされる身分となった。そんな異例の人事の裏側には、半四郎の友人である謎のご隠居・徳山斉之助――実は時の将軍・徳川家...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま 影踏みの秘剣
    仕事への熱意や義務などどこえやら、奉行所随一のひま同心・服部半四郎は、毎日をのんべんだらりと過ごし、夜は夜とて飲み明かす、まことぐうたらな男。ところがこの半四郎、意外にも心の奥底には正義と熱血が眠っており、ひょんなことから御庭番という大役を仰せつかった。そんな半四郎のまわりには、奇怪な友人や知り合いばかりがいる。そのなかでも特別なのが、謎のご隠居・徳山斉之助。なんと斉之助は...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま とらわれた家斉
    奉行所でも悪名高いぐうたら同心・服部半四郎。橋廻りという閑職に身を置き、小遣い稼ぎの強請り稼業にいそしんでいたところ、ひょんなことから御庭番の大役をおおせつかることに。その裏には、半四郎の同心長屋に住まう、謎のご隠居・徳山斉之助の働きがあった。それもそのはず、この斉之助こそ、将軍・徳川家斉その人だったのだ。半四郎にとっては恩人であり、また仕事仲間でもあり、なにより大切な友人...
  • 落ちぶれ同心と将軍さま 旅立ちの花
    橋廻り同心という閑職をいいことに、日々を飲み歩く服部半四郎。だが、ひょんなことから御庭番という大役に任じられ、副業としていた素っ破抜き…いわゆる、悪党の弱みにつけこんだ強請りたかりも、開店休業というありさま。その日の飲み代にも困る窮状ではあるものの、本人にしてみれば、それどころではない事情もある。想い人、真鈴との祝言が控えていたのだ。だが、肝心の真鈴は、どうにも浮かない顔。そ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

落ちぶれ同心と将軍さま に関連する特集・キャンペーン