18時に帰る――「世界一子どもが幸せな国」オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方

18時に帰る――「世界一子どもが幸せな国」オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

いま、日本が進めている「働き方改革」へのヒントは、「世界一子どもが幸せな国」と呼ばれるオランダにありました。

「働き方を変えたい・変えなくてはいけない」と感じているすべての人・企業・自治体・行政機関へ送りたいオランダが実施する「しなやかな働き方(=ソフトワーク)」とは?

オランダの厚生労働省や社会雇用省、自治体、大学教授、企業の人事・HR(KLM、Randstad、Nutricia、Rabobank、ProRail、ABN AMRO銀行等)の人事・HR部門、そして大学病院や助産院、学校運営会社、託児所、さらには共働きの一般家庭などへのインタビューを通して私たちが見つけたもの。
それは……
◆これからの日本で求められる新しい雇用システム
◆生産性を向上させる方法
◆自分(家族)が幸せになる働き方・生き方
◆国力・企業力が高まるコンセンサス
◆同一労働同一賃金の先を行く同一労働同一条件
◆ライフステージに応じた働き方が選べるワークシェアリングの考え方
◆働く場所や時間を選ばないオランダ式テレワーク
◆オランダの企業と従業員の間にあるチーム主義
◆オランダ人の仕事に対するモチベーションの高さの秘密
◆オランダに住むソフトワーカーの「生の声」
◆「2人目の壁」を突破する糸口

【著者紹介】一般財団法人1moreBaby応援団
理想の数だけ子供を産める社会を実現するため、結婚・妊娠・出産・子育て支援に関するさまざまなシンポジウムや調査活動、情報提供を行っている。編著書に『こども大国ニッポンのつくりかた』(木楽舎)、『なぜ、あの家族は二人目の壁を乗り越えられたのか?』(プレジデント社)がある。

【目次より】
Prologue◆「幸せ」のためにオランダが選んだ働き方とは?
Chapter.1◆生産性を重視した仕事の基本
Chapter.2◆オランダ型ワークシェアリングの仕組み
Chapter.3◆「同一労働同一条件」が優秀な人材を集める理由
Chapter.4◆オランダ式テレワークがもたらした効果
Chapter.5◆ソフトワークを実現する「チーム主義」とは?
Chapter.6◆社員の「モチベーション」を重視すると企業は成長する
Chapter.7◆「世界一子どもが幸せな国」のソフトワーカーの生き方
Epilogue◆「2人目の壁」を突破するために必要なこと

ジャンル
出版社
プレジデント社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2017年06月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

18時に帰る――「世界一子どもが幸せな国」オランダの家族から学ぶ幸せになる働き方 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年09月16日

    サブタイトルではなくメインタイトルに「オランダ」を入れても良かったんじゃないかな。先日読んだドイツの働き方本によると、オランダと比べると、ドイツは(裏にはもちろんプライベートの時間を大事にしたい(家族との時間も含む)という意図があるのだろうけれど)、より実を取るというか、削ぎ落としているように感じた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月17日

    世界の働き方で、良いところをどんどん吸収していければ良い。もちろんその国独自の文化はあるし、上手い具合を探っていったらいい。日本は働き方が下手だなと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月17日

    オランダの教育制度・労働環境の歴史的変遷、また教育や労働に対する人々の価値観がわかりやすくまとまっている。

    特に印象に残っているのは「親が幸せならば子どもも幸せ」というオランダ人の言葉。
    教育環境や制度だけ整えればいいということではなく、より沢山の親(その国の大人たち)が幸せに生活ができる環境を整...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月04日

    2019/2/21に仙台で開催された講座「18時に帰る」で頂いた本です(講座代に含む)。世界でも注目を浴びる働き方改革「オランダモデル」について、こと細かく繰り返し書かれています。かつては日本社会と同様の課題を抱えていたオランダ、彼らから学ぶことは沢山あります。ほんとオランダの仕組みは凄いです。何事...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月25日

    オランダの試行錯誤。フルタイムとパートタイム勤務、テレワーク、週4日勤務、休暇を買い取るなど、柔軟性のある働き方を男女ともに選択できる社会になればいい。まずは制度、それから気持ちが変化していくものだろうか。オランダの国民性云々はどうかな〜と思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月28日

    ”しなやかさ”を持って働くことの大切さがここにあります。

    その昔、オランダはオランダ病と呼ばれ
    女性の社会進出にも遅れて
    日本と同じ、男性が働きに出て、女性は家庭を守るという考えが根強かったそうです。
    そんな国は今、多様性に富んだ国になったのはどうしてか。
    日本はどこを学んでいけばよいのか
    オラン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月10日

    国が違うと働き方がこんなにも違うのか。
    羨ましく思うことばかり。

    日本も30年後にこんなふうになるのだろうか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月05日

    オランダの子育てや共働きに関する現状を詳細にレポートした本。これを日本が達成できる日が来るには、政治や歴史/文化的に乗り越える壁が多いのだろうなぁと途方に暮れてしまった。

    どうすれば18時に帰れるかを考えるきっかけを与えてもらったと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月17日

    オランダの文化、環境を垣間見れた。

    これをどう日本に持ち込むかは見えない。
    日本人の性質に合わせて制度を変える?ことになるのか?
    個人でできることがわからなかったのが残念。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月16日

    自分の心の持ちようとはいえ、、、
    なかなか自分だけ早く帰れないよね。実績が抜群とかでない限り。やはり上司の目が気になるし、一番で出世もしたい。。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています