武士の一念 御庭番の二代目11
  • 最新刊

武士の一念 御庭番の二代目11

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

郡上一揆の評定により意次は一万石の大名に。領国の侍の叛意とは?

今日と同じ明日とは限らぬ。藩主を失くした侍もいれば、突然、浪人となった侍も…。
意次の領国相良への旅で、加門が見た武士の一念とは。

奥美濃の郡上藩での百姓一揆は、公儀の評定所へと送られた。将軍家重は御用取次の田沼意次に評定の指揮をとらせるべく五千石を加増、一万石の大名とした。結果、郡上藩主金森兵部は改易、金森と縁を結んでいた若年寄の本多長門守忠央は罷免のうえ領地遠江の相良召し上げとなり、相良は意次に与えられた。相良への意次の旅に同行した御庭番宮地加門の見た『武士の一念』。

ジャンル
出版社
二見書房
掲載誌・レーベル
二見時代小説文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2020年04月01日
紙の本の発売
2019年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

武士の一念 御庭番の二代目11 のユーザーレビュー

レビューがありません。

御庭番の二代目 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 将軍の跡継ぎ 御庭番の二代目1
    世継ぎの家重を護れ! 宮地家二代目「加門」に将軍吉宗から直命下る。 側室が懐妊したばかりの、家重の病は果たして偶然か。 加門の幼馴染み、十八歳の田沼意次は、家重の小姓。加門と意次は合力して闘う。 享保元年(一七一六)、吉宗は跡継ぎのいなかった家継の養子となり、将軍を継いだ。紀州藩主であった吉宗は、紀州から多くの家臣を伴って江戸城に入った。そのなかに、宮地家も含まれていた。紀州...
  • 藩主の乱 御庭番の二代目2
    将軍の政に異を唱える尾張藩主・徳川宗春。その真意を探るべく…。 御庭番二代目の加門に将軍後継家重から下命。 宗春の禁書『温知政要』を精査せよ。 加門は、家重の小姓で親友の田沼意次と合力して闘う。 将軍直属十七家の密偵、シリーズ第2弾 八代将軍吉宗は紀州から江戸城に入るに際し、信頼に足る薬込役十七家を伴い、情報収集の「御庭番」として重用した。十七家の一つ「宮地家」の二代目加門は十...
  • 上様の笠 御庭番の二代目3
    路上で浪人が斬られ、懐には血塗れの「目安」。将軍への訴えとは…? 医学所に通う若き御庭番に、八代将軍吉宗から直命! 米価高騰に絡む諸悪を暴け。 世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と合力して探索! 宮地加門は、八代将軍吉宗直属の御庭番十七家のひとつ宮地家の二代目。将軍家世継ぎ家重の小姓で親友の田沼意次と町を歩いていた。二人の目の前で、追われてきた浪人が追ってきた男に斬りつけられ倒れ...
  • 首狙い 御庭番の二代目4
    寛永寺への御成行列、狙うは老中主座の首! 誰が何を目論み襲撃? 将軍吉宗の懐刀・老中松平乗邑が企む尾張藩への確執。 老中襲撃の真の黒幕を求め、御庭番二代目の加門は親友の田沼意次と合力して探索へ! 八代将軍吉宗直属の御庭番十七家のひとつ宮地家の二代目・加門は、徳川家康の祥月命日の四月十七日、下谷広小路で御成行列の警護にあたっていた。将軍の駕籠が通り過ぎ、老中主座・松平乗邑の駕籠...
  • 老中の深謀 御庭番の二代目5
    江戸城西の丸に暗雲! 操りの糸の先に誰が? 将軍吉宗もついに……。 江戸に来た百姓の父子が佐倉藩の侍に斬られた。佐倉藩主は老中主座の松平乗邑。百姓の口を封じようとする刺客に御庭番二代目が怒る。 将軍吉宗直属の御庭番、宮地家二代目の加門は、刀傷で苦しむ百姓父子を助けた。佐倉から江戸に来たという。佐倉藩主は老中主座の松平乗邑。佐倉藩の刺客はなおも百姓の口を封じようとする。かつて佐...
  • 御落胤の槍 御庭番の二代目6
    上様の御落胤を名乗る六尺の大男を探索中の御庭番が斬られた! 御落胤一行の真の目的は? その願いを許さぬものは? はたして御落胤の真贋は? 御庭番十七家の一つ宮地家の二代目加門が謎に挑む! 御庭番十七家の吉川家三代目の栄次郎が、将軍吉宗の御落胤を名乗る一行五人を探索中、中山道の宿近くで脚を斬られた。医術の心得のある宮地加門は同僚の栄次郎を迎えに浦和宿に向かった。丹波次郎、徳川次郎...
  • 新しき将軍 御庭番の二代目7
    本丸の吉宗と西の丸の家重が入れ替わる──。 騒然たる城中で何が? 「暗愚」の噂絶えぬ新将軍の人知れぬ想いと驚愕の決断。 本丸大広間の武者隠しから御庭番宮地加門が目撃した公方様御下命の衝撃とは? 本丸の上様(吉宗)が御隠居、大御所として西の丸に移られ、西の丸の大納言家重様が本丸に入り第九代将軍となられる──こうした噂が城中を落ち着きなくさせていた。いよいよ将軍となった家重から御庭番...
  • 十万石の新大名 御庭番の二代目8
    登城禁止を命じられた田安宗武と一橋宗尹が将軍家重へ反撃開始! 百姓の一揆・逃散が多発! 前老中松平乗邑、勘定奉行神尾春央の徴税強化策の故。 新将軍の命で加門ら御庭番は各地へ隠密行に出立! 新将軍が罷免隠居を命じた前老中首座の松平乗邑が急逝した。乗邑の片腕だった勘定奉行の神尾春央は、先々代将軍の生母月光院を介して、登城禁止中の田安宗武と一橋宗尹の復権を策した。成就すれば、将軍家...
  • 上に立つ者 御庭番の二代目9
    大洪水に悩む美濃から治水堤普請の嘆願書。 将軍家重は遂に決断! 手伝普請の命に薩摩藩では、無理難題ゆえ公儀との戦もやむなしの声もあったが…。 過酷な治水堤建設の現場へ 御庭番の加門と栄次郎は…。 大御所吉宗の容体が急変……寛延が宝暦と改元された。大洪水に苦しむ美濃から公儀に治水堤普請の嘆願書が届いた。木曽川、長良川、揖斐川の三川が河口近くでたびたび洪水を起こしているのだ。嘆願書を読...
  • 上様の大英断 御庭番の二代目10
    酒井老中の飛駕籠に、郡上の百姓衆が直訴! 訴えの核心と狙いは? 徳川の直領美濃の郡代が、郡上藩の徴税法に口出し! 背後に公儀重臣らと組んだ藩主金森兵部の悪しき企み。 将軍家重の怒りが弾けて…。郡上へ遠国御用の旅、第10弾! 老中の駕籠行列は、登城の際、走るのが慣例だ。事件が起きたときだけ走れば、人々に異変を知られる。いつも走っていれば、気づかれようがない。そのために走ることが定着...
  • 武士の一念 御庭番の二代目11
    郡上一揆の評定により意次は一万石の大名に。領国の侍の叛意とは? 今日と同じ明日とは限らぬ。藩主を失くした侍もいれば、突然、浪人となった侍も…。 意次の領国相良への旅で、加門が見た武士の一念とは。 奥美濃の郡上藩での百姓一揆は、公儀の評定所へと送られた。将軍家重は御用取次の田沼意次に評定の指揮をとらせるべく五千石を加増、一万石の大名とした。結果、郡上藩主金森兵部は改易、金森と縁...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています