絶対に受けたくない無駄な医療

絶対に受けたくない無駄な医療

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

◆「絶対に受けたくない医療」を100項目、一挙公開!

世界に影響力を持つ米国のおよそ50の医学会が提唱する「絶対に受けたくない100の医療」をまとめました。
「本当にこの診断、治療、予防に意味があるのかな?」。米国の医師らがそんなモヤモヤを一刀両断。
海外の発想から大胆に日本の医療に切り込んでいきます。日本の医療に転機をもたらす意欲作です。

◆現代医療の急所が姿を現す

「前立腺癌の検査で陽性になった。前立腺に針を刺す精密検査を受けることになった。不安だ」
「乳癌のX線を使ったマンモグラフィー検査で陽性に。乳房に針を刺して精密検査を受ける。癌なのだろうか」
「子どもに風邪薬をわたされたけど、1000円ほども払う意味はあるのかしら」

医療に不満を持つのは当たり前になっている。厚生労働省の「受療行動調査」の2011年のデータによると、
医療機関に対する不満を感じたことがあると回答した人の割合は31%。

本書では、米国の専門学会が指摘した、100件に上る“意味のない医療”を紹介していく。
いわば、米国で始まった、医師発の「無駄な医療撲滅キャンペーン」。日本でも「これは本当に意味があるのだろうか」と疑問を感じる医療はある。そこを米国の医療界が一刀両断。

病気をめぐって思い悩む人、不安や不満を感じている人に向けて、正しい選択への新しい視点を提供していく。

専門用語にきめ細かく説明や注釈を付けています。
これから医療について学んでみようと考えている方にもお読みいただきたい一冊です。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 健康・医療
出版社
日経BP
ページ数
272ページ
電子版発売日
2017年05月19日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
4MB

絶対に受けたくない無駄な医療 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年09月18日

    大腸の内視鏡検査。日本でも5年ないし10年とありましたが、わたしは2年と言われました。所見無しでです。健診で肺のX線で所見ありで、「再撮影、できればCT」と言われましたが、断ったこと有ります。長期間で自覚症状無しとかありえないと考えたからです。医師の言われるがままの現状から、まずは選択肢の提示をお値...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月05日

    本書は米国の『Choosing Wisely(賢く選ぼう)』キャンペーンに言及し、見直した方がいい医療が、医療を受ける側の立場として紹介してある。
    『Choosing Wisely(賢く選ぼう)』は、米国の71の医学会が参加して、不必要な医療(行為)を基本的に5つずつ揚げ、無駄な医療の撲滅を目指した...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月09日

    先月、医者から進められるままにMRI検査をした
    ばっかり。この本にもう少し早く出会っていれば、
    受けなかったのに。
    これからの健康診断にはこの本で得た知識を活用
    していこうと思う。

    〈本から〉
    「アスペルガー症候群」はもう存在しない
    ”関係者”の思惑で疾患が増える不都合な現実
    一般に名称がなくなっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年07月31日

    挑発的なタイトルですが、中身は、アメリカの医学界でこれまで慣習的に行われることが多かったけれど、研究の結果十分な有用性が認められない医療について情報共有をしようとする「Choosing Wisely」運動の成果を、日本人にわかりやすく伝えようとするもので、非常に説得力のあるものでした。
    「医学」とい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月25日

    100もの検査や治療行為について、こういう場合は無駄だ、という指摘をしている。内容は、たぶん、まとも。実用性は、どうかな?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月29日

    米国で無駄撲滅運動が始まり、根拠に基づく治療が浸透し、従来の常識が全否定される例も出てきた。8割の医師が参加するChoosing Wizelyキャンペーンのリストから、100点を紹介する。

    獣医を含め医者は治す人のイメージでしたが、口蹄疫や鳥インフルなど殺処分で根絶と、動物だと違うんだということを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月25日

    米国で各医学系学会が公表している「choosing wisely」の内容をかいつまんで紹介した本。

    臨床データに基づいて、必要性の低い検査、治療法を示す。

    健診で必ず実施される胸のX線検査など、即刻廃止して欲しい。
    癌も、「いきなり手術」はダメらしいです。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 暮らし・健康・美容

暮らし・健康・美容 ランキング