空ノ鐘の響く惑星で(11)

空ノ鐘の響く惑星で(11)

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ラトロア国内で、反ジェラルド勢力による議会占拠事件が発生! “神霊” の奪還を目指し、ラトロアへ侵入したリセリナたちを待ち受けるものは!? そして、ハーミットとシルヴァーナが知った意外な事実とは――? クライマックスへ向け、物語は大きく動き出す!

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年06月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

空ノ鐘の響く惑星で(11) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いよいよ神霊(スピリット)を用いて御柱(ピラー)の機能を逆転させるとどうなるかとわかって次回に続く、という巻。リセリナ久しぶりに昇華。目がはなせません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    超絶にあからさまな「次号へ続く!」状態。リセリナかわいそうです(´;ω;`)最終巻へむけて色々と整理されていってる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    リセリア派としてはつらい展開が続く。本人が半ば諦めちゃっているのがつらいなぁ。
    次巻で完結というのにびっくり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いや、心理的な面が丁寧に書かれていて個人的には楽しい部分もたくさんありましたよ。でも、やはり登場人物が多すぎて、こいつだれだっけ?というキャラもでてきてしまったり……結構大変でしたね。今回は政治的な場面とかが多くて、話がむずかしかったっていうのもあるんですが、色々な意味で進展がなあ。ウルクとフェリオ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

空ノ鐘の響く惑星で のシリーズ作品 1~13巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~13件目 / 13件
  • 空ノ鐘の響く惑星で
    605円(税込)
    毎年、ある季節になると、空から鐘に似た音が降ってくる世界。『御柱(ピラー)』と呼ばれる宙に浮く巨大な柱がある世界。そんな世界に生じたひとつの噂話――。“深夜をまわる頃、『御柱』の一部に、若い女の姿が浮く――” 事実を確かめに行ったフェリオの前に現われたのは、御柱の中に浮かぶ異装の少女の姿だった――。そして、一人の少年と少女の運命の歯車が動き出す……! 『陰陽ノ京』、『パラサイトムーン...
  • 空ノ鐘の響く惑星で(2)
    627円(税込)
    “来訪者”と呼ばれる異世界から現われた存在の手によって、アルセイフ王国は王と皇太子を同時に失った。そして殺害現場にいたというだけで第四王子フェリオに疑惑のまなざしが向けられる。そんな中、第二王子レージクについても奇妙な“噂”が流れ始め――! 異世界SFファンタジー第2弾!!
  • 空ノ鐘の響く惑星で(3)
    649円(税込)
    クーデターによって王位についた第2王子レージク。対する第4王子フェリオは、建て直しを図り、王都に囚われている人質救出の機会を探る。そんなフェリオにさらなるレージクの陰謀が!?
  • 空ノ鐘の響く惑星で(4)
    627円(税込)
    アルセイフをタートムに売り渡そうとする第2王子レージク。国を滅ぼそうとする新たな王に反旗を翻した第4王子フェリオ達は、新たな仲間を迎え直接対決に向け戦力を蓄えていた。そんな中、ウィータ神殿の意向を知らされたウルクは、自分の夢と想いの間で揺れ動く。そして、ついに始まったレージクとフェリオの王位争奪戦の行方は!?
  • 空ノ鐘の響く惑星で(5)
    627円(税込)
    第2王子レージクの起こした内乱を、無事に鎮圧した第4王子フェリオと仲間達。敵国タートムの侵攻に備え、新政府の樹立を急ぐが、次の王を巡って第3王子ブラドーとフェリオの間に、新たな問題が発生し……!? そんな中、ウィータ神殿の司教カシナートがフォルナム神殿の制圧に向け動き出す。果たしてウルクの運命は? 人気上昇中の異世界SFファンタジー第5弾!
  • 空ノ鐘の響く惑星で(6)
    649円(税込)
    制圧されたフォルナム神殿の解放を目指すフェリオ達。そんなフェリオ達のもとに西の大国ラトロアから一人の剣士が訪れる。ウィスタルの“甥”と名乗る彼の目的とは? 一方、来訪者の一人であるムスカは、この世界と自分達の世界の関係についての一つの推論を出す。それぞれの思惑が交錯するなか、物語は思わぬ展開へ――!?
  • 空ノ鐘の響く惑星で(7)
    649円(税込)
    御柱から現れた謎の兵 “死を恐れず、際限なく現れる敵” を相手に苦戦を強いられるフェリオたち。さらに、神殿騎士団・団長ベリエが突如暴走し、自分の部下にまで剣を向けるという事件が起こる。 そんな中、御柱の異変を知ったコウ司教が、事態を収拾するために下した重大な決断とは――!? 異世界SFファンタジー第7弾!
  • 空ノ鐘の響く惑星で(8)
    693円(税込)
    タートム侵攻の報を受け、国境に先行した猛将・ベルナルフォン。兵力で勝るタートムの軍勢を相手に善戦するアルセイフ軍だったが、その裏には、ある“特殊な部隊”の活躍があった。そして、遅々として進まぬ戦況に、タートムの将軍・カルバイの要請を受けたシズヤ率いる“裏切りの暗殺者”たちがついに動き出す……。突如現れた、“空からの刺客”に撤退を余儀なくされるアルセイフ軍。ベルナルフォンはその責を問...
  • 空ノ鐘の響く惑星で(9)
    649円(税込)
    ついにアルセイフは、タートムとの国境戦を制した。“輝石<セレナイト>”の問題、ラトロアへの対策など、いくつかの案件はあるものの、久々に穏やかな日々が訪れる。王宮では舞踏会が催されることになり、フェリオは兄・ブラドーにある頼み事をされるのだが……。一方、国境を見張っていたゴーダは、アルセイフに向かって飛ぶ玄鳥を見かける。その後、柱守の一人が殺害されるという不吉な事件が! 舞踏会当...
  • 空ノ鐘の響く惑星で(10)
    649円(税込)
    ウルクの故郷に辿り着いたフェリオは、滞在先のウィータ神殿で、神姫ノエルとの面会を許可される。一方、ラトロアを訪れたイリス一行の前では、メビウスが中心となり、死の神霊を使った新たな実験が始まろうとしていた。突然、ウィータ神殿を襲う惨事。そこには、フェリオに復讐を誓うあの男の姿が……! 物語の核心へと向かう、人気シリーズ・第10弾、いよいよ登場!
  • 空ノ鐘の響く惑星で(11)
    649円(税込)
    ラトロア国内で、反ジェラルド勢力による議会占拠事件が発生! “神霊” の奪還を目指し、ラトロアへ侵入したリセリナたちを待ち受けるものは!? そして、ハーミットとシルヴァーナが知った意外な事実とは――? クライマックスへ向け、物語は大きく動き出す!
  • 空ノ鐘の響く惑星で(12)
    759円(税込)
    メビウス達の手によって、突如、首都ラボラトリに漆黒の空間が出現! それは 「死の神霊(アービタ・スピリット)」 を奉る6番目の神殿 “終末の黒い神殿” だった。「古の書」 に記されたその忌まわしき存在は、この星の命運をかけた最後の戦いへと、フェリオとその仲間達をいざなう――!
  • 空ノ鐘の響く惑星で 外伝 -tea party’s story-
    あれから約十年――アルセイフの王宮で王弟フェリオの子供・アスティナとリグリスの教育係を任されているシアは、二人を捜して王都・セイラムを駆け回っていた。やんちゃな二人が王宮を抜け出すのはいつものことだが、今日は養父のムスカ司祭がフォルナム神殿から訪れる大切な日。王宮ではささやかなお茶会の準備も進められている。慌てるシアだが、そこで思いも寄らぬ人物と出会い――? 王宮騎士団の迷(?...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています