駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

現代において最も「拠点力」がある「駅」という場所。
「住みたい駅」ランキングに見るように、賑わいがある駅かどうか、住むうえで利便性が高い駅かどうかは多くの人の関心事となっている。

住みやすさでみた駅格差、ライバル駅対決、賃料水準でみた駅力比較、コスパに優れた最新穴場駅など、駅を多角度から考察。

また、「駅前横丁指数ベスト5駅」「駅前がスーパーな見本市な駅」「駅そば名店がある駅」「建築遺産と呼べる駅」「利用者の少ない不思議な駅」「人身事故の多い駅」など、テーマ別ランキングも充実。

あなたが通勤で使う駅、よく降りる駅は、現在どのようなポジションにあるのか、意外な一面を解き明かす!

ジャンル
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
SB新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年05月02日
紙の本の発売
2017年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
20MB

駅格差 首都圏鉄道駅の知られざる通信簿 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年09月27日

    いずれ情報は古くなっていってしまうのだろうけれども、
    駅に対して、これ程までに多角的に分析を加えるのも面白い。

    “格差”という表現はちょっと相応しくないようにも思うが、
    相違点というか、特色を焙り出すことに成功している。

    なお、“首都圏鉄道路線研究会”の名の通り、“近畿圏”や“中部圏”など、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月16日

    文字通り、首都圏の駅について様々な角度から分析した一冊。

    自分の知らない千葉や埼玉の駅についても知ることができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月03日

    最近は格差をタイトルにした本が多い。ベストセラーとして「23区格差」は意外に重厚な考察だったが、この「駅格差」の本も売れてるそうなので手に取ってみた。
    いろんな角度で首都圏の駅をランク付けしてその意味を簡単に説明している。便利で大きくて駅も駅前も華やかな所はどこだろうと気になる向きは読まれれば良いと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月10日

    この前読んだ「沿線格差」の続編。今度は駅に注目したランキング。
    小ネタレベルでは面白いけど、駅レベルまでブレイクダウンしちゃうと、知らないところは興味がもてなかったり。
    城南エリアの住民としては、大井町と蒲田のライバル対決が気になってみたり、大宮と浦和の対決要素にサッカーチームが入っているけど、埼ス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

     首都圏の鉄道駅を比較しランク付けして、それぞれの駅の特徴について書かれた本。
     前著の「沿線格差」で、格差に注目して鉄道について書かれていましたが、今回もテーマ別のランキング、ライバル駅どうしの比較などでした。

     ファストフード店がない駅、利用者の少ない不思議な駅など。どうしてそうなのか書かれて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年05月22日

    東京、神奈川、千葉、埼玉の首都圏鉄道駅を乗降人数、トイレの利便性、駅前横丁指数、駅そばの名店などでランク付け。所沢と川越、下北沢と三軒茶屋の駅比較など。

    住む人の嗜好や年収、家族構成などもあると思うけど楽しく読めました。駅そばや、横丁であがったお店は行ってみたいと思いました。

    住む人の顔がそのま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています