機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで

作者名 :
通常価格 2,530円 (2,300円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

イラストを使って初心者にわかりやすく解説!!


 現在扱われている各種機械学習の根幹とされる「ボルツマン機械学習」を中心に、機械学習を基礎から専門外の人でも普通に理解できるように解説し、最終的には深層学習の実装ができるようになるまでを目指しました。
さらに機械学習の本では、当たり前になってしまっている表現や言葉、それが意味していることを、この本ではさらにときほぐして解説しています。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
オーム社
ページ数
212ページ
電子版発売日
2017年04月21日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
184MB

関連タグ:

機械学習入門 ボルツマン機械学習から深層学習まで のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年07月31日

    ・これで何かできるようになるわけではないけれど、機械学習って何なのかざっくりわかって次につなげられる
    ・数式はない(ので、理論が知りたいなら別の本)
    ・読みやすい、面白い
    ・参考書籍がたくさん載っている
    「機械学習ってなんなの? どう捉えればよいの? というかどういう風な感じで動くの??」という恐怖...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月27日

    評判通りわかりやすかった。

    メモ:
    順問題と逆問題。
    逆問題は、「入力と出力から、矛盾しない関数を見つけること」。
    線形変換と非線形変換。
    線形変換は伸ばしたり、回転させたり、非線形変換はぐしゃっとする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月01日

    鏡と女王様?のやりとりで学ぶ初心者向け解説書。女王様が意外に?かしこいのでサクサク話が進む。グシャって変形する非線形変換がわかりやすい。
    女王様のキャラが好きなので4点

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月19日

    途中までわかりやすかったが、ボルツマン機械学習の話くらいから理解出来ず、少し面白くなかった。
    各方法について、文字がつらつら書いてあるだけだから話が整理出来ていなかったのだと思う。
    それぞれ何が違うのか最後にまとめられていたらよかったかな。
    機械学習の基礎知識を勉強してからこの本を読んだらあぁそうい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月24日

    ざっくり概要を掴める。対話形式なので、とても読みやすい。お妃さまが「主人公の女の子ポジション」なんて珍しい。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年03月21日

    機械学習初心者には非常に読みやすい本。
    ついでに数学の知識の何が機械学習に結びついてるかもわかるので、数学ってどんな意味あるの?って人にも有効かもしれません。

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    非線形の関数を複数組み合わせることで、非常に難しい形や性質をもった関数を作り出す。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月07日

    魔法の鏡を作るという、ユニークなテーマを用いることで、初心者でも機械学習が何なのか理解できるようになる本。

    最初は「最適化についてわかるようになる本」と勧められ読みました。純文系の私にとって、機械学習という言葉自体敬遠されるべきものとなっていましたが、結構身近なものなのだとわかりました。

    機械学...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています