レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~

レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「気に入ったわ。今日からあなた、この国の皇帝になりなさい」
苦学生シュウはとあるアルバイトに合格し、美しき少女ユーリスと秘密の契約を交わす。
その内容とは、レーゼンシア神聖帝国の皇帝として彼女の代わりに国を掌握すること!?

そして始まる夢の皇帝生活。権力も武力も思いのまま。
国の難題を次々解決するシュウの見事な賢帝ぶりに臣下も騒然!
さらに並みいるお姫様から婚約者を選び放題だが……
「いやだから、俺は偽者なんだよ!?」
「がんばって。バレたら極刑よ?」

これは、知で一国を繁栄へと導いた『本物より気高き偽皇帝』の物語。
痛快、国家掌握ファンタジー開幕!!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / GA文庫
出版社
SBクリエイティブ
掲載誌・レーベル
GA文庫
ページ数
320ページ
電子版発売日
2017年04月17日
紙の本の発売
2017年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月08日

    アルバイトを探していたら、何故か皇帝になることになったシュウ。戸惑っていたけれど、もうやるしかない。と腹を決めたら強いシュウは見ていて楽しい。今までの「学び」をちゃんと活用できるのもすごいと思うし。「皇帝の偽物」という危うい立場にいるシュウだけど、知識と味方の協力で困難を乗り越えていきそう。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    面白い作品ですが新発売日を見て

    すぐちゃん 2018年09月15日

    2巻が出ているが話は完結しておらず、新刊から1年以上たった今、作者は新しいシリーズを同じレーベルから始めています。
    つまり打ちきりか、作者が書く気をなくしたという可能性が高いです。
    3巻が出ることが決まるまでは買わない方が良いでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月09日

    七条さんの居候シリーズは、3人称?っぽい書き方でしたが、今回は主人公の一人称なんですな。

    王族ばかりの王城で、庶民の男の子が暮らすことになる物語ですか…野村美月さんの、ドレスな僕がやんごとなき方々の家庭教師な件を思い出しました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月23日

    割合オーソドックスな内政ファンタジー。
    主人公が、今流行りの「現代日本からやってきました。現代の進んだ知識で何とかしましょう」系ではないので、ちょっとほっとしました。(^^;
    内政ものでは、割とめずらしい陰謀的なところが薄く、起きる問題も深刻には見えないので軽く楽しい話でもというときによろしいでしょ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

レーゼンシア帝国繁栄紀 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • レーゼンシア帝国繁栄紀 ~通りすがりの賢帝~
    「気に入ったわ。今日からあなた、この国の皇帝になりなさい」 苦学生シュウはとあるアルバイトに合格し、美しき少女ユーリスと秘密の契約を交わす。 その内容とは、レーゼンシア神聖帝国の皇帝として彼女の代わりに国を掌握すること!? そして始まる夢の皇帝生活。権力も武力も思いのまま。 国の難題を次々解決するシュウの見事な賢帝ぶりに臣下も騒然! さらに並みいるお姫様から婚約者を選び放題だが…...
  • レーゼンシア帝国繁栄紀2 ~人形姫に微笑みを~
    「陛下、約束通り、ファムをどこかへ連れていってほしい」 皇帝の影武者シュウはイーシア王国からきた婚約者候補ファムと二人きりで城下町へ。 見るもの全てに目を輝かせるファムだったが、無防備な彼女を見つめる不審な視線に、シュウは警戒感を高める。 そんなシュウを嘲笑うようにもたらされるファム王女誘拐の予告。 シュウは怪しげな影を追う中でイーシア王国の歴史に翻弄された≪人形姫≫の意外な真実...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています