4番目の許婚候補4

4番目の許婚候補4

作者名 :
通常価格 1,056円 (960円+税)
紙の本 [参考] 1,320円 (税込)
獲得ポイント

5pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

超セレブな親戚を持ちながら、庶民な生活を送る「まなみ」はとある事情で、さる御曹司の許婚候補となった。とはいえ従姉妹たちも候補だし、お鉢は回ってこないはず……。そう思っていたら、就職先で彼の部下になってしまった! 身元がバレないように気をつけていたけれど、なぜか事あるごとに構われてしまう。そんなある日、念願の一人暮らしを始めたまなみ。でもそのマンションには、件の御曹司が住んでいた! ついに腹黒な本性を現した彼と、一つ屋根の下でアブナイ新生活がスタート!? 庶民なOLと隠れ御曹司の許婚ウォーズ、第4巻!

ジャンル
出版社
アルファポリス
掲載誌・レーベル
エタニティブックス
ページ数
304ページ
電子版発売日
2017年04月07日
紙の本の発売
2014年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年12月01日

    本編。佐伯家と三条家の婚約が白紙に戻り、主人公二人が初めての一夜を過ごすまでの話。
    短編2本『それぞれの夜』川西&田中カップルと上条夫妻
    話が進んで盛り上がるところだが、ルージュにはならなかった。残念。タイムリー(2014/11)にこの後がなろうサイトで連載再開、待ってました。ネットから削ったエロい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 4番目の許婚候補
    1,056円(税込)
    母方の親戚は超絶セレブ、けれど当人は庶民的な生活を送っている「まなみ」。そんな彼女は、ある日トンデモない事実を知る。どうやら昔からの約束で、一族の誰かが大会社の子息に嫁がなくてはいけないらしい。とはいえ、自分は候補順最下位の4番手。お鉢は回ってこないと安心していたのに、就職先の会社には例の許婚がいて、あろうことか彼の部下になっちゃった! 警戒して距離を置こうとしたものの、こ...
  • 4番目の許婚候補2
    1,056円(税込)
    ごく普通のOLとして働くまなみは、秘密を持っている。それは、とある事情でさる御曹司の許婚候補だということ。とはいえ候補は複数人いるから安心していたのに、就職先で件の許婚の部下になってしまった。何とか身元を隠してやり過ごそうとしていたある日、どこぞのワガママなご令嬢が、まなみに因縁をつけに会社へ乗り込んできた! そこへ上司である彼が助けに来てくれて……? 庶民なOLと隠れ御曹司の許...
  • 4番目の許婚候補3
    1,056円(税込)
    訳あって御曹司の許婚候補であることを隠して働く、庶民なOLの上条まなみ。とはいえ自分は候補順最下位の4番目だと安心していたのに、就職先で例の許婚の部下になってしまった。幸運にも、彼は自分のことを知らない様子。何とか身バレせずやり過ごそうとしていたある日、許婚候補順がくつがえる、重大な事実が発覚する。そして、その出来事をきっかけに彼との距離が急接近! 戸惑いを隠せないまなみをよ...
  • 4番目の許婚候補4
    1,056円(税込)
    超セレブな親戚を持ちながら、庶民な生活を送る「まなみ」はとある事情で、さる御曹司の許婚候補となった。とはいえ従姉妹たちも候補だし、お鉢は回ってこないはず……。そう思っていたら、就職先で彼の部下になってしまった! 身元がバレないように気をつけていたけれど、なぜか事あるごとに構われてしまう。そんなある日、念願の一人暮らしを始めたまなみ。でもそのマンションには、件の御曹司が住んでい...
  • 4番目の許婚候補5
    1,056円(税込)
    庶民なOLの上条まなみは、さる御曹司の許婚候補の一人。とはいえ候補順は最下位だからと安心していたら、思いがけず就職先で彼――佐伯彰人の部下となる。素性を隠していたのになぜか気に入られ、ついには恋人関係に! だが縁談が白紙に戻り、許婚候補でなくなった後も、まなみは自分の素性を彰人に明かせずにいた。そんなある日、ひょんなことから彼に身元がバレてしまった! 「すっかり騙されていたよ...
  • 4番目の許婚候補 番外編
    庶民なOLのまなみは、上司で御曹司の彰人と婚約中。彼とラブラブな日々を送っていたある日、会社で同僚の貴美子や美紀とおしゃべりしていたまなみ。すると先輩社員の明美が、思わぬ質問をしてきた。「課長のアレってどうなの?」――と。彰人さんのアレって何? と首を傾げるまなみだけれど、どうやら夜の生活に関係するものらしく、他の二人も興味津々。その後、次々と繰り出される過激な質問に、まなみ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています