宝くじで1億円当たった人の末路

宝くじで1億円当たった人の末路

作者名 :
通常価格 1,540円 (1,400円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「宝くじで1億円当たったら……」。
こんな淡い期待を胸に、宝くじ売り場につい並んでしまうビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。
果たして、「宝くじで1億円当てた」後に待ち受ける末路とはどんなものなのでしょうか。

「大学時代からバックパッカーを続けて、20代を放浪の旅人として過ごせば、どんな人生が待ち受けているのか」
「30~40代で友達がゼロの会社員が孤独な生活を続けていったら、最終的に人生はどうなるのか」
「キラキラネームを子供に付けてしまったら、その子の将来はどうなってしまうのか」――。
いずれも、何となく“やばいこと”になりそうなのは分かります。

でも、その先の人生がどうなるか、正確に教えてくれる人はなかなかいません。
こうした疑問に、しっかり答えられる人も少ないはずです。
グローバル化とITの革新によって、私たちの人生の選択肢は、飛躍的に広がりました。
誰もが、その気になれば、大抵の挑戦はできる。そんな時代に私たちは生きています。
でもその割には、「いろいろ挑戦して人生を楽しんでいる人」って少ないと思いませんか?
みんな実は、人生で一つの「選択」をした後、どんな「末路」が待ち受けているかよく分からなくて、不安なのだと思います。
だったら、気になる様々な人生の「末路」を、専門家や経験者に取材してしまえばどうか。

いろいろな「末路」を知れば、きっとあなたの心は解き放たれます。

「好きなように生きていい」。

専門家と著者が導き出す多様な「末路」が、そんなふうに、そっとあなたの背中を押すはずです。

ジャンル
出版社
日経BP
ページ数
360ページ
電子版発売日
2017年03月25日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
28MB
  • ドラマ化

    「〇〇な人の末路」

    2018年4月23日~
    出演:横尾渉、千賀健永、宮田俊哉ほか

関連タグ:

書店員のおすすめ

宝くじで一億円当たった人の話をはじめ、色々な人生をシミュレーションし、その末路が書かれていてとてもおもしろいです。実際どうなるかはご本人次第なのですが、一億円当たった人の話は結構リアルです。妙に納得してしまいます。
なるほどと思ったのが「キラキラネームの人の末路」。そーだろーなぁと思いました。また共感を得たのが「電車の中ほどまで進めない人の末路」!混んでいるときは迷惑な人ですが、やっぱりの末路です。 他にも「グロい漫画が好きな人の末路」「日本一顧客思いのクリーニング店の末路」「ワイシャツの下に何を着るか悩む人の末路」など23の末路が書かれています。心を軽くしてくれるおすすめの1冊!

宝くじで1億円当たった人の末路 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月17日

    タイトルだけみて「宝くじ当たって人生に狂いが生じた人たちのルポかな?」とゲスな推察をして手に取りましたが、そうではありませんでした。

    「末路」ときいて、なんとなく成れの果てのような、うらぶれた印象を抱いていたけど決してそれだけではないのが面白かったです。
    特に『友達ゼロ』の人の末路、リモコン発見器...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月05日

    ゴシップ的なタイトルだが、日経ビジネスの特集寄せ集めなので、あんがい、しっかりした内容。
    教育費貧乏、キラキラネーム、宝くじ破産、留学による学歴ロンダ、電車内で他人に気づかいできない、友だちゼロ、事故物件などなど。ビジネス誌にありがちな、意識高い系のいじわるな指摘ではない。
    最後のシャツの話だけ、な...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    モヤモヤ感が薄れて元気になった

    ナカちゃん 2018年06月14日

    歳を取る毎、経験を重ねる毎に我慢する範囲が無意識のうちに広がって行く自分を気付かせて頂き、感謝します。
    その逆、歳を取って経験を積むと益々楽しくなる様にパラダイムシフトしたいと思います。
    個人の感想、感化コメントになってしまいましたが、スッキリさせて頂ける本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月25日

    読みやすい本であり満足。バランスのある内容が書かれてあると思う。今の世の中、一歩ずつ歩くゆとりが必要なのかも。働く人も、それを見守る人も。ちなみにほぼ宝くじの話ではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月27日

    私はこういう くだらない(失礼)雑学って
    かなり好きなほうなので
    好奇心で読めましたが
    まじめな方はちょっと怒ってしまうかもしれません
    暇つぶしには面白いですよ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・「一人の時間を過ごせる力」、「孤独力」は、現代をタフに、しなやかに、クリエーティブに生きるためにますます大切になっていく。孤独を愛する人は、人生を充実させる上で強烈なアドバンテージを持っているといえる
    ・本当に優れた発想というのは、一人で自分の内面と深く会話している時にこそ生まれるもの
    ・日本が新...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月23日

    所々我が身にも思い当たる末路もありまして、でも、末路がどうなるのであれ、頑張っていくしかないのですけどね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月15日

    末路という語のイメージを逆手に取った釣りタイトル(本当に末路の場合もある)
    日経ビジネスオンラインの連載が元なのでジャンルがかなり幅広いのと、だいたい経済や労働に絡めてくる
    一個一個は短く掘り下げが足りない気もするが、とっつきやすいのは間違いない
    納得出来ないものもあったが、多様なジャンルを見れたの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月30日

    タイトルだけで読んだ本。

    妄想では
    「1億円当たった人の転落物語とか、幸福から不幸になった人の末路が描かれているに違いない!ヒヒヒ、さてどんな結末か…」
    と思いながら読んでみたら…
    あ~た!
    全然違う内容だった!!
    でもこれはこれで楽しめた~。

    宝くじで1億円当たった(幸福)が来たら次は絶対に不...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月03日

    気になる項目のみを飛ばし読みした。

    様々な末路が書かれてあり、面白い内容だなと感じた。
    ただ、人生色々なのでその人によって末路なんてなん通りも変わってくるので鵜呑みにする必要はないと思う。

    宝くじはほとんど買ったことがないが、仮に買って当選したとしてもろくな事がないなと。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

宝くじで1億円当たった人の末路 に関連する特集・キャンペーン