「週刊文春」編集長の仕事術

「週刊文春」編集長の仕事術

作者名 :
通常価格 1,360円 (税込)
紙の本 [参考] 1,512円 (税込)
獲得ポイント

6pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なぜ、週刊文春は13年連続売上NO.1なのか?人脈/企画/交渉/組織/決断/戦略……週刊文春の現役編集長が初めて明かす仕事術

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
256ページ
電子版発売日
2017年03月13日
紙の本の発売
2017年03月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月03日

ビジネス書としてもメディア論としても、それから仕事への意識・意欲を高めさせてくれたという点でも、いろんな意味ですばらしい内容だった。

読者に喜んでもらえる(身銭を切っていただける)いい仕事をするぞ!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月25日

なるほどな、と思わされることばかりが記されている。
本来は黒子であるべき人物が表立って、
このようなノウハウ本を出版することには批判もありそうだが、
逆にそれを開陳してくれるのはありがたいかぎり。

もっとも、“そうはいっても真似できないよね”というような、
自負があるようにも思えてならないが・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月25日

花田さん以来の有名週刊文春編集長の仕事術。
前半部分の情報人脈、企画発想、依頼交渉の部分は読み応えあり。
考え方として参考になる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月06日

おもしろかった。スクープを連発している週刊文春のめざすビジョンであったり、仕事の仕方であったり。実際に記事になったスクープがどのようにしてできたのか、実名をだせるものは実名を出して書かれている。ちょっと週刊文春を見る目が変わった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月27日

スクープを連発して、週刊誌の先頭を走り続ける文春の編集長。一昔前のテレビディレクターのように、イケイケな感じの人かと思いましたが、仕事の進め方はいい意味でとても、普通な感じでした。

とはいえ、自分が目をつけられたり、書かれたりするのは本当にいやです。そして、新谷編集長自身も感じているように、叩いて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play