クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
紙の本 [参考] 902円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「俺はね、(部下を)5人潰して役員になったんだよ」。大手某社に産業医である著者が招かれた際、その会社の常務が言い放った言葉である。このように部下を精神的に潰しながらどんどん出世していく人たちのことを、精神科医の牛島定信氏と彼の教え子である著者は「クラッシャー上司」と名付けた。彼らには「自分は善である」という確信があり、他人への共感性は決定的に欠如している。精神的に未熟な「デキるやつ」なのだ。本書では著者は豊富な経験に基づいてクラッシャー上司の具体例を紹介。さらに精神構造、社会背景を分析し、最終章で対策を考える。(目次より)●第一章 いったい彼らは何者か――クラッシャー上司の実態 ●第二章 クラッシャーの精神構造――未熟なデキるやつ ●第三章 クラッシャーを生む日本の会社――滅私奉公の時代の終わり ●第四章 クラッシャー対策――その暴力から身を守るために

ジャンル
出版社
PHP研究所
掲載誌・レーベル
PHP新書
ページ数
208ページ
電子版発売日
2017年02月10日
紙の本の発売
2017年01月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年02月10日

    仕事で出会った上司や取引先を思い返すと、ほとんどこの本に出てくることに見覚えがある。
    プレミアムフライデーとかでなくて「クラッシャー上司」という言葉が社会でもっと認知したら世の中もっと変わったろうなと残念に思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月18日

    クラッシャー上司 平気で部下を追い詰める人たち 。松崎一葉先生の著書。部下や後輩を精神的に潰しながら出世していく人がクラッシャー上司。クラッシャー上司の精神構造や誕生背景をわかりやす解説しています。クラッシャー上司は自分絶対主義で傲岸不遜、共感性欠如だけれど、仕事は出来る。だから余計にたちが悪い。ク...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月01日

    悪気がないのに下を潰してしまう上司。よくいる。クラッシャー本人が見るべきだけど、クラッシャーは自分がクラッシャーであることに気づかないから難しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月09日

    パワハラ、セクハラ、モラハラという行為が取り沙汰されて久しい。社会現象とも言えるほどだ。
    その中にあってこの「クラッシャー上司」というのはインパクトが大きい。
    クラッシャー上司というのは、組織において仕事ができる人である。そして自らの成功体験を背景に、自分のようにできない部下を「善意で」叱咤激励する...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月04日

    奇天烈な上司の奇行を列挙し嘲笑する本かと思いきや、「クラッシャー上司」となる要因や家庭環境を分析しつつ、作者なりの仮説や解決策を考えている点に好感がもてる良書です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月17日

    文字通り、部下をうつ病などに追い込む上司について書いた本。

    これまで部下や当事者がうつ病に追い込まれる話は数多く読んだけど、逆に発達障害などの上司を扱った本はなかったので、とても新鮮だった。
    それと同時に、そういう人がどの企業でもはびこっており、それから逃れるのは至難の業だと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月08日

    クラッシャーにならないためには、共感性を忘れないこと。
    意味のない事も、面白いところを見つける意味づけ力や、全体を把握して今が全てだと思わない事、助けを求めることは、メンタルを強くする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月07日

    個人として能力が高く仕事が大変できて、それが出世して管理職になっていって更に実績を出して上に上り詰めていく。それ自体はビジネスで、あるいは組織で生きるものとして良いことであるが、部下を犠牲にして独善的に出世していくタイプの人間がいる。そういった"クラッシャー上司"を中心にその病理...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月11日

    ●読んで得たもの
     滅私奉公の考え方が古いということ。
    ジョブ型の雇用体制も必要であること。

    ●感想
     本書の内容から、戦後の復興で頑張ってきたやり方は現代では通用しないと読み取れる。
     通用しないというそのような変化が起きた要因は何か。
     近年の変化として、人口の増加から減少への転向、働き方改革...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月03日

    「俺はね、(部下を)5人潰して役員になったんだよ」。大手某社に精神科産業医である著者が招かれた際、その会社の常務が言い放った言葉である。このように部下を精神的に潰しながらどんどん出世していく人たちのことを、精神科医の牛島定信氏と彼の教え子である著者は「クラッシャー上司」と名付けた。彼らには「自分は善...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています