巨大迷宮と学園攻略科の魔術師

巨大迷宮と学園攻略科の魔術師

作者名 :
通常価格 671円 (610円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

私立天乃川学園──そこには異世界ゼラに広がる、巨大地下迷宮攻略を目指す生徒達が集う。実際にダンジョン攻略を行う「攻略科」では、大規模サークルやパーティーを組んで未踏のダンジョン制覇を目指していた。今年「攻略科」に入学した荒田維留もまた、蒼髪の美少女で多彩な魔法を操る天才魔術師の星沢織姫や、クラスメイトたちとパーティーを組み、未開のダンジョン踏破に向かう!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / 電撃文庫
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
電撃文庫
電子版発売日
2017年02月01日
紙の本の発売
2013年07月
サイズ(目安)
13MB

巨大迷宮と学園攻略科の魔術師 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年11月05日

    ゲートで繋がった遥か彼方.
    そこの迷宮を攻略するなんとか学園攻略科の生徒たち.
    決して迷宮な学園を攻略する学科ではない.
    あとはボーイミーツガールしたり
    先輩に甘やかされたり絡まれたり
    ラジバンダリ.

    そこそこ.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月23日

    和風Wiz。主人公が忍者じみてる所からすると風龍かも。

    でも初参加のメンバー加えたパーティでコンビネーションは無茶振りかと。

    正直、1巻で一区切りつくと思ってたが、ここまで露骨に続くとは思わなかった。
    まあ、続きは楽しみではある。

    結局は主人公のいやぼーんというのは(微妙に違いはするけど。。)...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

巨大迷宮と学園攻略科の魔術師 のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 巨大迷宮と学園攻略科の魔術師
    私立天乃川学園──そこには異世界ゼラに広がる、巨大地下迷宮攻略を目指す生徒達が集う。実際にダンジョン攻略を行う「攻略科」では、大規模サークルやパーティーを組んで未踏のダンジョン制覇を目指していた。今年「攻略科」に入学した荒田維留もまた、蒼髪の美少女で多彩な魔法を操る天才魔術師の星沢織姫や、クラスメイトたちとパーティーを組み、未開のダンジョン踏破に向かう!
  • 巨大迷宮と学園攻略科の魔術師2
    体内に魔神を封印していることを知られた維留は、能力の暴走を恐れる学園の魔術師たちから退学を迫られていた。学園に残るためには、魔神の能力を制御できることを示さねばならず、維留は攻略不可能とされている「難攻空洞」に巣食う40M級のモンスターを攻略することで魔神使いとしての能力を明らかにしようと決意する。丁度その頃、大手ギルド連合も同じ迷宮の攻略を予定していた。ギルド連合を指揮するのは「ウィザード研」のアンジェリカ・メイプルワース。彼女は維留を退学させようとしている急先鋒だった。維留たちはギルド連合より先に攻略するために、学園長からのお目付け役である結城直希と、クラスメイトの百瀬優奈をパーティーに加える。 タイムリミットは72時間。いざ迷宮攻略へ!
  • 巨大迷宮と学園攻略科の魔術師3
    新たな迷宮を攻略中の維留たちは、ゴーレムの闊歩する街へとたどり着く。そこで、巨大な弓を操るエルフの美女フィオネラと出会い、街の住民を苦しめるゴーレムを討伐することを決意する。同じく攻略を目指していた学園の大手ギルドとも共闘することになり、部隊を編成して迷宮へと向かう。スナイパーの少女・林檎をパーティーに加え、順調に攻略を進める維留たち。しかし、獣型ゴーレムの強襲を受けて、維留はパーティーから分断され底の見えない崖下へと落下してしまう。そしてその先で維留が見たものとは……。
  • 巨大迷宮と学園攻略科の魔術師4
    林檎たちから平行世界の存在について知った維留のもとに、行方不明だった姉、友麻からの使者が訪れる。織姫と一緒に友麻と再会した維留は、巨大迷宮ゼラの真相へと迫る。そして同時期に発見された、ゼラの地上部へ通じているとされる≪最後の空洞≫ラストマウンテン。学園のギルド連合も攻略に乗り出す中、紗夜香たちと合流し、迷宮攻略へと向かう維留たち。その地上部で待ち受けていたものはいったい──。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています