新書太閤記 四

新書太閤記 四

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。四巻は四面楚歌の織田信長。裏で操るは将軍義昭。一向宗や叡山の僧侶たち。浅井朝倉の連合軍。更に甲斐武田信玄に進軍され危うし徳川家康。三河が攻略されれば天下統一には覚束ない。浅井長政とお市の方との涙の別れ。藤吉郎が救いだす。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
歴史・時代 / 歴史・時代小説
出版社
オリオンブックス
シリーズ
新書太閤記シリーズ
電子版発売日
2017年03月10日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

新書太閤記 四 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

新書太閤記 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • 新書太閤記 一
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。一巻は日吉の生い立ちから信長に仕え、ねねとの出会い。
  • 新書太閤記 二
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。二巻はついに今川義元が侵攻、信長一世一代の危機。桶狭間の戦い。ねねとの祝言。
  • 新書太閤記 三
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。三巻は藤吉郎の出世の糸口となった洲股へ築城。蜂須賀小六を配下に従え、ついに一国一城の主となる。美濃攻略のため竹中半兵衛をも口説き落とす。そして信長ついに上洛。
  • 新書太閤記 四
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。四巻は四面楚歌の織田信長。裏で操るは将軍義昭。一向宗や叡山の僧侶たち。浅井朝倉の連合軍。更に甲斐武田信玄に進軍され危うし徳川家康。三河が攻略されれば天下統一には覚束ない。浅井長政とお市の方との涙の別れ。藤吉郎が救いだす。
  • 新書太閤記 五
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。五巻は甲斐の武田勝頼率いる戦国最強の騎馬軍団が三方原に迫る。迎え撃つは徳川織田連合軍。信長の鉄砲活用による新戦術に武田軍は壊滅な打撃を受ける。信長は一気に中国方面に目を向けるのだが……。
  • 新書太閤記 六
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。六巻は荒木村重に囚われていた黒田官兵衛の救出。そして竹中半兵衛の死。秀吉は中国での苦戦が続く。片や信長は宿願だった武田軍を滅ぼしついに甲斐を征服するのだった。しかし信長にも最期の時が迫る。
  • 新書太閤記 七
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。七巻は明智光秀の葛藤。信長からの非情な仕打ちに苦悩する光秀だが、ついに謀反を決意。迫る本能寺の変。そして壮絶なる信長の最期。やがて各将に知らせが届くが秀吉は中国攻めのためはるか遠方に。どうする秀吉。
  • 新書太閤記 八
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。八巻は秀吉に本能寺の変の報らせがもたらされたものの、毛利との戦いの真っ最中。転進は容易ではない。官兵衛の活躍により何とか和睦を結び、姫路の居城へ戻るとすぐに光秀討伐に向かう。全国から諸将が秀吉のお味方に馳せ参じ、光秀と決するは山崎の合戦。しかし光秀には相次ぐ目論み違い。ひとたびその叡智に齟齬を来すと、こうも愚に還るものか。山崎の合戦に勝利した直後、後継者を決めるため清洲会議が開かれるが……。
  • 新書太閤記 九
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。九巻は信長亡き後の後継者は誰になるのか。老練な勝家は秀吉包囲網をめぐらす。深まる柴田勝家と秀吉の仲は一触即発。遂に賤ヶ嶽にて決戦することになった。果たして勝つのは。
  • 新書太閤記 十
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。十巻は信長の遺子信雄との戦。秀吉は、戦は最後の手段なりとしていた。外交こそ戦であるという信条なのである。故主信長の弔い合戦という名分をかかげ、山崎の一戦に光秀を討ったとき以外はみなそうだった。常に、軍力あっての外交なのだ。軍威軍容を万全にそなえてからいつもものをいうのである。背後に控えるのは徳川家康。果たして秀吉はどうするのか。
  • 新書太閤記 十一
    220円(税込)
    吉川英治の長編の歴史小説。若き日の豊臣秀吉。貧しい家に生まれ、その容貌から「猿」と蔑まれた秀吉が己の才覚だけを武器に出世を重ね戦乱の世にはばたく。現代の処世術にも通じるピンチをチャンスに変える考え方とは。ひたすら母のため家族のためにと思い、働く姿は日本人そのもの。十一巻は小牧長久手の戦い。いまや天下を二分する秀吉と家康。互いに譲れない一戦だが容易にどちらも引かない。しかし秀吉の奇策により大過は免れた。秀吉は今や日本の大半を掌中に治め太閤となる。生涯の大敵たる家康をなんとか懐柔しようと画策する。天下統一まであと一歩と迫った完結編。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています