もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら 入門編

もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら 入門編

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

「マルウエア?それはウイルスとは違うのか」「怪しいメールは絶対に開かせないようにしてくれ」「投資対効果を数字で示すように」。経営層からこう言われたらセキュリティ担当者はどう答えればいいのか――。本書は、経営層とセキュリティ担当者の「よくある会話」を29のケーススタディーとして、経営層に「よし、分かった」と納得してもらえるテクニックを解説。例えば、経営層に対して「いまセキュリティ投資をしないと損をする」「こうすればセキュリティルールを社内に普及させられる」といった説得力のある説明ができるようになる。さらに、投資対効果の高い対策や、守ってもらえるルール作りなど、ニーズに合わせた提案ができるようになる。
本書を読むことで、経営層とコミュニケーションを取るために必要な「伝え方」「見せ方」「考え方」を身に付けることができる。例えば、「正確性よりも伝わりやすさを重視する」、「IT用語ではなくマーケティング用語を駆使する」、「事象の解説ではなく、ビジネスインパクト」といった様々なテクニックを網羅している。こうした能力は今後、セキュリティに限らず、あらゆる分野のエンジニアにとって欠かせないものになる。また、セキュリティ対策の入門書として、専門外や非エンジニアの人にも役立つ内容となっている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
IT・コンピュータ / 全般
出版社
日経BP
ページ数
240ページ
電子版発売日
2017年01月13日
紙の本の発売
2016年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
14MB

もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら 入門編 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年12月29日

    「もしも社長がセキュリティ対策を聞いてきたら」の第2弾。

    第1弾と同様、セキュリティ対策について
    経営層とコミュニケーションを取る際に、
    どうしたらより理解してもらえるか、解説しています。

    今度は入門編と題し、第1弾よりもより具体的に、
    ありがちな失敗例と、なぜ失敗したかの分析、
    うまくコミュニ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています