人馬 (六)【電子限定特典付き】
  • 完結
  • 最新刊

人馬 (六)【電子限定特典付き】

作者名 :
通常価格 836円 (760円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

運命が、そこにいた。

半人半馬の生き物「人馬(じんば)」が、この世に在った証の物語。
墨佳遼による人外話譚、ここに堂々完結。

戦禍に追われ、絶望の道を行く松風たちは果たして……
そのころ、幼き小雲雀は、人間に囲われて過ごしていた。
美しさゆえ人間たちには気に入られるが、虜囚の人馬たちの恨みを買う。
そんな中でも生きようと、悲しいまでの強かさを身に着けていく――

墨佳遼が全身全霊で描いてきた和風ファンタジー、これにて閉幕!!


【目次】
第六話
第七話
第八話
第九話
第十話
第十一話

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
イースト・プレス
ページ数
216ページ
電子版発売日
2020年07月17日
紙の本の発売
2020年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
114MB

書店員のおすすめ

「すごいマンガが出た!」この一言に尽きます。

古よりこの国に住む半人半馬の種族「人馬(じんば)」。戦国時代、人は人馬を道具や奴隷のように扱うようになっていました。人と人馬の埋めがたい溝が横たわる世界で、二頭の人馬の人生が交錯し、物語が紡がれていきます。
他者への無理解、生まれる恐怖、争い、支配。今作で描かれる人と人馬の関係は、現実で人がいまだ乗り越えられないこれらの問題を読者に突き付けるようです。また、自然環境の中で寄り添うように生き、死んでいく人馬たちの姿には、家族のありようを改めて考えさせられました。
作品のテイストとはまた違う楽しみ方が出来るのが巻末のおまけ。著者である墨佳遼さんの遊び心が散りばめられています。さらに!電子版は特典ページがありますよ!

読者を圧倒する世界観、独自のキャラ造形、それらを支える抜群の画力。今年注目の一冊です。

人馬 (六)【電子限定特典付き】 のユーザーレビュー

レビューがありません。

人馬 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 人馬 (一)【電子限定特典付】
    完結
    古来よりこの国に住まう、半人半馬の種族「人馬(じんば)」。時は戦国。人は彼らを「戦の道具」と見なし、その尊厳を奪った。「赤毛の岩虎」の異名を持つ雄々しき人馬・松風は、捕らわれんとする息子を庇い、縄にかかる。人馬を売買する領主のもとへ、松風を引き連れる隊列…… その中に、人間に使役される俊足の人馬・小雲雀の姿があった。この出会いが、ふたりの運命を大きく動かしていく―― 【電子書籍限...
  • 人馬 (二)【電子限定特典付】
    完結
    半人半馬の種族「人馬」である松風と小雲雀は、 人間の戦道具として囚われていた場所から逃れた。 自然の厳しさに難航する道中も、絆はたしかに結ばれていく。 新たな仲間との出会い、迫りくる追っ手。 そして、ふたりの運命の行き着く先は―― 【電子書籍限定の特典を収録】
  • 人馬 (三)【電子限定特典付】
    完結
    Webメディア・マトグロッソで連載が始まるやいなや大反響を巻き起こした本作『人馬』。 ゲーム『モンスターハンター』シリーズのモンスターデザインなどを手掛けてきた著者による、初のマンガ作品です。 その躍動感あふれる筆致で描かれる半獣半人の美しき異形“人馬”たちが、架空の戦国時代で様々なドラマを繰り広げるストーリー。 雄々しき荒馬・松風(まつかぜ)と、愛嬌ある駿馬・小雲雀(こひばり)の...
  • 人馬 (四)【電子限定特典付】
    完結
    「広がる世界を 共に歩もう」 人間と人馬、ふたつの種族の道は繋がる―― 躍動する生命を墨佳遼が鮮やかに描くファンタジー、第二部完。 「人間」と「人馬(じんば)」ふたつの種族が存在する世界。 自らの生きがいを見つけた谷風(たにかぜ)、 正しい生き方がわからずもがく権田(ごんた)、 ふたりにそれぞれ結ばれた縁が、未来を射す道しるべとなる。 電子書籍限定特典を収録。
  • 人馬 (五)【電子限定特典付き】
    完結
    いのちの輪は、めぐる。 半人半馬の生き物「人馬」は、 自然の中でどう生きてきたのか―― 墨佳遼が鮮やかに描く和風ファンタジー。 半人半馬の種族「人馬(じんば)」が存在する世界。 家族と共に山奥で暮らす少年人馬・松風(まつかぜ)は、 刻々と表情を変える自然の中で生き方を学び、逞しく育っていく。 そこへ、人間による災いの手が迫っていることは知る由もなかった―― 墨佳遼が圧倒的な筆致で描く...
  • 人馬 (六)【電子限定特典付き】
    完結
    運命が、そこにいた。 半人半馬の生き物「人馬(じんば)」が、この世に在った証の物語。 墨佳遼による人外話譚、ここに堂々完結。 戦禍に追われ、絶望の道を行く松風たちは果たして…… そのころ、幼き小雲雀は、人間に囲われて過ごしていた。 美しさゆえ人間たちには気に入られるが、虜囚の人馬たちの恨みを買う。 そんな中でも生きようと、悲しいまでの強かさを身に着けていく―― 墨佳遼が全身全霊で描い...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています