黒騎士さんは働きたくない

黒騎士さんは働きたくない

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 660円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

【デジタル版にはダッシュエックス文庫創刊2周年記念プロジェクトのプレゼント応募シリアルコードは付属しません】最強の黒騎士、ヒモクズヒキニートになる!? とある獣人街の食堂でだらだらする若きヒキニート。彼は十代にして皇帝の後継者と目され、謹厳実直(きんげんじっちょく)だった黒騎士クロウ。 『おれは、もう働かない』 陥落した帝都から姫のレイニアを連れて脱出した時、ふと働くことをやめる決意をしたのだった。 だがそんな自堕落(じだらく)まっしぐらのクロウを周りが放っておかない。黒騎士ファンの獣人少女や、追いかけて来た元メイド、ライバルの女騎士までもが獣人街に現れ、クロウをあれこれと労働へと駆り立てる!? さらには帝国の再興を企てる者たちが現れて―― 『チョーめんどくせぇ』 クロウは正真正銘(しょうしんしょうめい)のヒキニートになれるのか? 最強騎士のスローライフ・ファンタジー、開幕!

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
男性向けライトノベル / ダッシュエックス文庫DIGITAL
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
ダッシュエックス文庫DIGITAL
ページ数
264ページ
電子版発売日
2016年12月25日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
7MB

黒騎士さんは働きたくない のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年05月27日

    食堂の一角で、今日も惰眠をむさぼり続ける主人公。

    眠っている今と、働いていた過去。
    こうしてみると、確かに働き続けていたのだから
    長期休暇をとってもいいのでは? と思わなくも。
    ただ、周囲からみたら、完全なるニートですがw
    いや、むしろヒモ?

    そんな彼ですが、結局ちらほら働いて…というか
    事件を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月24日

    ああ、わが夢がここにある……。
    と最初の十数ページでおもったが。
    結局働いているからなぁ。
    有能だし。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    3巻完結というか打ち切りかな?

    あうら 2017年10月16日

    幹部だった主人公が国をが滅亡を気に洗脳が解け洗脳主の娘と共に亡命し、責任を感じた姫が養う物語。

    タイトルの通りヒモニート生活の実況。
    基本スペックは最強なので当時の立場のしがらみに巻き込まれる生活。ディスられが大半ですね。働き過ぎてからの休暇ならば良いとは思いますがね。
    作品の感想としては...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

黒騎士さんは働きたくない のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 黒騎士さんは働きたくない
    【デジタル版にはダッシュエックス文庫創刊2周年記念プロジェクトのプレゼント応募シリアルコードは付属しません】最強の黒騎士、ヒモクズヒキニートになる!? とある獣人街の食堂でだらだらする若きヒキニート。彼は十代にして皇帝の後継者と目され、謹厳実直(きんげんじっちょく)だった黒騎士クロウ。 『おれは、もう働かない』 陥落した帝都から姫のレイニアを連れて脱出した時、ふと働くことをやめる...
  • 黒騎士さんは働きたくない 2
    元黒騎士、ヒキニートなのにモテ期到来! 『だりぃ~~』 獣人街でヒキニート生活を送る元・黒騎士クロウは、ジェダに嫌々行かされた大森林へのおつかいで、かつての部下シャリリンと再会する。美少女ゾンビであるシャリリンとクロウの親密な様子に、犬鳴亭(いぬなきてい)の女性陣は驚くが…? レイニアの幸せを願うがゆえに暴走するルーミィは、次なる計画のためにクロウへ夜這(よば)いを!? そしてレイ...
  • 黒騎士さんは働きたくない 3
    元黒騎士、約束をめんどくさがる!? 獣人街で絶賛ヒキニート生活中の元・黒騎士クロウは、ある日アシュリーにビンタを食らう。どうやら大事な約束をすっぽかしたらしい。さらにそこへかつての部下、四魔将のイングリッドが現れる。 暗殺を得意とする彼女もまた、クロウが守らない約束があり、それを理由に殺しに来たのだという。 クロウに本気になれと迫るイングリッド。 そんな中、パスティアが持って...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています