都会の里海 東京湾 人・文化・生き物

都会の里海 東京湾 人・文化・生き物

作者名 :
通常価格 902円 (820円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

首都を背後に控えた東京湾。ハゼにダイオウイカ、ゴブリンシャークにシャコ、ハマグリにアマモ……。水深600mの深海から旧日本軍の要塞、干潟まで、表情豊かな海に生息する生き物は、なんと魚だけで700種以上! 川崎に流れ着いた巨大な生き物とは? 水質は改善されていないって本当? お台場で海水浴できるのはいつ? かつて「死の海」とまで呼ばれた湾と向きあい続けた海洋環境研究家が語る、その魅力のすべて。東京湾再生アンバサダー・桝太一アナとの「生物多様性対談――この夏は、干潟へダッシュ!」も収録!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
スポーツ・アウトドア / アウトドア
出版社
中央公論新社
掲載誌・レーベル
中公新書ラクレ
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年12月09日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

都会の里海 東京湾 人・文化・生き物 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年07月26日

    東京湾の自然について。びっくりしたのは、太古の昔はそんなに魚も多くなかったと。江戸時代を経て人口が爆発的に増え、生活排水が流されることによって、栄養分が増え、プランクトンが増え、魚が増えたのだと。一番の最盛期は、公害で汚れる前だったと説く。東京湾には千葉側の先から、神奈川の久里浜に至るまで釣りでお世...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています