MARS(マーズ) 火星移住計画

MARS(マーズ) 火星移住計画

作者名 :
通常価格 3,456円 (税込)
獲得ポイント

17pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

『夢物語』ではない『現実』の火星移住計画を克明に
各国の宇宙開発機関や民間企業が進めている火星への有人探査。早ければ10年以内にも実現するであろう計画の全容を、美しい写真やイラストとともに解説―。

NASAをはじめ各国の宇宙開発機関や民間企業が、火星への“偉大なる飛躍”を目指してしのぎを削っています。その目標は単なる「探査」にとどまらず、「火星に住む」ということ。ベースキャンプを設営、必要な物資を入手、長期にわたって生活する―。そんな「移住」計画を実現するための方策や課題、人類にとっての意義などを、美しい写真やイラスト、最新技術の情報とともに解説します。単なる技術的・天文学的な説明だけでなく、火星に向かう人々の精神状態や、移住後のコミュニティ、火星社会の発展可能性など、多角的な視点で論説。NASAの技術者やスペースX社のイーロン・マスクCEOなどのキーマンを幅広く取材し、“夢物語”ではない“現実”の火星移住計画を明らかにしていきます。

ジャンル
出版社
日経ナショナル ジオグラフィック社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年11月15日
紙の本の発売
2016年11月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年08月18日

宇宙開発は月、火星の人類居住へ向かっています。
火星へ人類が到達した際、人類は複数の惑星に存在する生命体になりますが、夢だけでなく不安とも隣り合わせです。
地球からの早期独立を念頭に置いた植民地化が必要で、火星産・火星製の食料・製品の生産が第一目標である生命維持を実現します。
個人的にはもうしばらく...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play