何を着るかで人生は変わる 「センス」よりも、大切なこと

何を着るかで人生は変わる 「センス」よりも、大切なこと

作者名 :
通常価格 1,430円 (1,300円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ファッションの「表」も「裏」も知り尽くした著者が、特別レクチャー!もっと自分らしく、自由に、心地よく、アクティブに生きるために、必要な服は、こんなに少しでいい。*「ここぞ」という場面で素敵に見せてくれる服*「何となく」で服を買わない*三つの“首”を出しなさい*シルク素材の“レフ板効果”を活用する*その清潔感は「女の武器」になる*コットンパールでラグジュアリーな「大人カジュアル」*一瞬で洗練される“アクセントカラー”の使い方*相手に与える印象を自在に変えるコツ 捨て方、買い方、揃え方……「理想のクローゼット」がこの1冊で完成! 付録:チャートでわかるあなたに合ったファッションタイプ/タイプ別ブランド一覧 他

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / ファッション・美容
出版社
三笠書房
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年10月28日
紙の本の発売
2015年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

何を着るかで人生は変わる 「センス」よりも、大切なこと のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2017年12月22日

    ルブタンは道を歩くようには作られていない
    一着5万もするような服を買うことは生涯ないと思うが、綺麗に着飾ることは大好き。しかし、やはりブランドを持つにはそれなりのオーラがいるもの。背伸びせず、しかし自分らしい服を選びたいものだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月24日

    「いかに在りたいのか?で服を選ぶ」という考え方を1冊目で知り、大ファンになりました。最近増えてるスタイリストさんのコーデ本ではわからない、ブランドを作るファッション業界の人だかこその、アイテムごとの買い方のコツや、捨て方やリサイクル業者の一覧、冠婚葬祭用の服は買うよりリース!というおすすめの業者のリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    服の整理をしようと思っていたので参考になった。
    なんとなく買ってしまうことが本当に多いから、まずは自分のなりたい理想の姿を想像して、理想の自分に似合う服を吟味して買うことを実践してみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月12日

    *2020.6.11

    『本当に必要なものはすべて「小さなバッグ」が教えてくれる』と一緒に買った本。

    中身、ほぼ一緒だけれどこちらの方が為になりました!

    今までは「こういう物を選びなさい」という本が多かったけれど、
    「こういう人にはこういう物を」という部分がこの本には書かれていました。

    流行に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月12日

    ジミーチュウのハイヒールは
    車からおりて レッドカーペットを 歩くだけのもの。
    それを 日本の電車の中で はいている人を 見つけて
    びっくりしたらしい。
    お客様にお洋服すすめたあと スワロフスキーの売り場で アクセサリーを身につけてもらうと キラキラ 輝かれたといエピソード。
    面白い。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    買い物の参考に

    ぴょんたん 2017年11月05日

    この手の本としては可もなく不可もなくといった感じです。ファッションは各人の好みがあるので、万人に受けるというのはないんだと思います。好みが別れるところですが、実際のブランドのテイスト解説があるので、これから買い物しようと考えている人には参考になるのでは。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月09日

    ファッション・プロデューサー、しぎはらひろ子さんの「何を着るかで人生は変わる」(2015.9)、女性向に書かれた本だと思いますが、読んでみて、考え方は大いに参考になりました。服選びは、個人のスタイルの確立であり、自分がどうありたいかという意思があるかどうか、つまり生き方と個性の問題に換言できるそうで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月19日

    そうなんだよ~ハイブランドの靴は「歩くため」じゃない。「ドアtoドア」で暮らしている人が履く靴なんだよ~。通勤とか、家からパーティー会場までブランドハイヒール履いて電車は乗らないってすっごく同感。

    もう服は着物みたいに何十年も大切に着て保管する時代じゃないんだなぁ。これから買い物するのはもっと慎重...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月20日

    写真が宣伝になってしまうなら、せめてイラストは見たいところ。

    10セットのコーディネートを考えるのはやってみよう。そうすると必要な服、いらない服が見えてくる。

    仕事デイリー2
    ビジネスフォーマル2
    フェミニン デート1
    プチリッチ 会食2
    プライベートデイリー1
    リゾート1

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年10月25日

    服を買う時期とブランドについて書いてあるのは、とてもありがたい。それだけに、こういう本は5年に一度くらい改訂して出してもらえるといいのだが。プチリッチ服とプライベートデイリー服が必要なんだな。
    なりたい自分になる服以外をクローゼットに入れない、というんだが、これはかなり難題。
    買うときは、どんなブラ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています