英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる

作者名 :
通常価格 748円 (680円+税)
紙の本 [参考] 836円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

英語化を進める大学に巨額の補助金を与える教育改革から、英語を公用語とする英語特区の提案まで。日本社会を英語化する政策の暴走が始まった。英語化推進派のお題目は国際競争力の向上。しかし、それはまやかしだ。社会の第一線が英語化されれば、知的な活動を日本語で行ってきた中間層は没落し、格差が固定化。多数の国民が母国語で活躍してこそ国家と経済が発展するという現代政治学の最前線の分析と逆行する道を歩むことになるのだ。「愚民化」を強いられた国民はグローバル資本に仕える奴隷と化すのか。気鋭の政治学者が英語化政策の虚妄を撃つ!【各界の識者が絶賛!】●佐伯啓思(『さらば、資本主義』著者・京都大学名誉教授)公共精神を失ったグローバル・エリートが日本を破壊する。それが英語化だ。その欺瞞を本書は見事に暴き出した。●水野和夫(『資本主義の終焉と歴史の危機』著者・日本大学教授)日本の経済と民主主義を破壊する「英語化の大罪」を明らかにした力作。凄い本だ。●中野剛志(『TPP亡国論』著者・元京都大学大学院准教授)日本人が抱く直観的な不安に確かな根拠と論理を与えてくれる。これぞ名著。●白井 聡(『永続敗戦論』著者・京都精華大学専任講師)社会の根底から対米従属構造を強化するのが英語化だ。本書は、これと闘うための優れた『武器』である。【目次】はじめに/ 英語化は誰も望まない未来を連れてくる/第一章 日本を覆う「英語化」政策/第二章 グローバル化・英語化は歴史の必然なのか/第三章 「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本/第四章 グローバル化・英語化は民主的なのか/第五章 英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑/第六章 英語化が破壊する日本の良さと強み/第七章 今後の日本の国づくりと世界秩序構想/おわりに ――「エリートの反逆」の時代に

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
社会・政治 / 社会学
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社新書
ページ数
256ページ
電子版発売日
2016年12月02日
紙の本の発売
2015年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

英語化は愚民化 日本の国力が地に落ちる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    英語はビジネスエリートを中心に大事であることを前提にするとして、別の次元で日本語が日本民族のベースであることをわかりやすく説明している。発展途上国ではない、明治から作り上げて来た日本の民族性を大切にすることの大事さを理解できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年12月10日

    「翻訳」と「土着化」を繰り返し日本らしさを失わない方向で国家戦略を作っていく。英語化は一部のエリートのみが利益を享受する愚策であると感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月02日

    翻訳と土着化なくして、国の発展なし。英語公用語化反対論の書籍の中でも説得力が群を抜いている。新自由主義の主張(国の歴史や文化はどうでもいい)には加担したくないな。英語ができる人にはなりたいけど、妙な優越感に浸った排他的な人間にはなりたくない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月19日

    英会話や英語学習を否定するものではなく、官庁や大学の受験や業務・授業の英語化、さらにそれに備えた低学年からの英語化学習ラッシュ(英語学習ではない)に警鐘を鳴らす。それは日本人の知性・感性の発達に膨大な負担を与え、長い目で見れば、国際競争力の向上どころか平均的に劣化をもたらすというもの。企業経営者・為...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月15日

    文科省がSGU(スーパーグローバル大学)を支援する制度を始めたらしい。ネットで検索すると一流と言われる大学や、そうでなくても国際化に力を入れている大学などが今後10年にわたり数十億円規模の補助金を受けて、グローバルな人材を輩出するためのカリキュラムを組む。

    へえ〜、いい制度なんじゃないの? 学生の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月25日

    母国語で高等教育を受けられ、高度なことを議論できるということは、非常に重要なことで、それを自ら捨て去るのは良くない。
    ただし、嫌だと思っても、子供の将来を考えると、英語のできるできないで就ける職業も異なり、経済的な格差も生まれていくのだと思う。そうであれば、我が子だけには、と考えて英語教育に熱を上げ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月20日

     英語を学ぶことは大切です。相手と対等に議論ができるのならばどんどん学ぶべきであると思います。

     ただし、今この国において日本語ですら議論を戦えない輩が溢れかえっています。論破は議論ではありませんただのいじめです。

     いかに母国語が大切かというのは世界が証明してる訳であり何故今さら日本は母国語を...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月11日

    水村美苗さんの『日本語が亡びる時』を参考図書の一つに挙げ、英語化がいかに危険なものであるかを説明する。
    かつてラテン語が普遍語であった時、ヨーロッパ世界において庶民はそれに接することができず、知は特権階級の独占物であった。それを翻訳し、各地の土着語へ変換することで庶民も知に浴することが出来、新たなる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月02日

    内容ですが
    はじめに――英語化は誰も望まない未来を連れてくる
    第1章 日本を覆う「英語化」政策
    第2章 グローバル化・英語化は歴史の必然なのか
    第3章 「翻訳」と「土着化」がつくった近代日本
    第4章 グローバル化・英語化は民主的なのか
    第5章 英語偏重教育の黒幕、新自由主義者たちの思惑
    第6章 英語...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月22日

    自分は幸いにも語学学習が苦ではなく、英語、フランス語、ロシア語、タイ語、朝鮮語の学習はほとんど趣味の領域である。だからこそ日本語にとりわけ強い拘りがある。小学校からの英語教育には断じて反対である。そんな時間があるのなら日本語の小説や詩でも自由に読ませた方がよっぽど有益だ。その意味で著者の主張には全面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています