いぬの日

いぬの日

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

流星群の夜、不思議な石を舐めた可愛いスピッツ犬のヒメ。その日から全てが変わった。相次ぐ連続殺人事件、背後に蠢く犬の気配。史上最高に可愛くておぞましい「犯罪犬」と人との前代未聞の物語!
※本書は二〇一五年六月に小社より刊行された単行本『今日はいぬの日』を、加筆・修正の上、改題して文庫化したものが底本です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ホラー
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川ホラー文庫
電子版発売日
2016年10月25日
紙の本の発売
2016年10月
サイズ(目安)
1MB

いぬの日 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2017年04月10日

    犬たちは本当にこんなことを感じたり考えたりしているのではないかと、うちの子との関係も改めて考えさせられた。
    暴走するヒメちゃん、家族を恨む気持ちはわかるけど、もうそれ以上怒りに身を任せないで!と祈るような気持ちになる。犬と飼い主との関係、ペットショップの問題、殺処分の現状など、いろいろな問題提起をし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月26日

    古来、人間のパートナーになるべく繁殖されて来たペット達。 一方で利のみを求めて異常繁殖され、物扱いされ、無視され、虐待され、放棄され、花を積むが如く簡単に奪われる命。 愛を求めて全てを破滅に導くスピッツのヒメと、愛を守る為に自分の命を捧げるボーダコリーのミコト。 現実の世界では、ペット達は、物言わず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています