アイシテル ~絆~(2)
  • 完結
  • 最新刊

アイシテル ~絆~(2)

作者名 :
通常価格 462円 (420円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

おまえ自身は、善人か? ――“殺人犯の弟”という大きな十字架を背負って生まれてきた裕二(ゆうじ)。人との絆を結ぶことができない彼も、心に愛を灯す存在と出会い、一歩ずつ幸福へと歩みだした。しかし、幼き日に姿を消した兄との愛しい記憶が彼を縛り続ける……。ただ生きることが、こんなにも苦しい……。殺人を犯したかつての少年と、その弟の運命の物語、完結。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
BE・LOVE
電子版発売日
2011年07月15日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
73MB

アイシテル ~絆~(2) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年03月02日

    評価正確には★3.5 です。
    前作アイシテル続編ですが この本は皆さんに読んでいただきたい!子供にも大人にも、、、、と切に思います。
    前作はドラマにもなりましたが ダメ!問題外 本をお読み下さいませ。(スポンサーの関係か 肝心な場所が変えられています)
    本題に入りますが
    辛い、苦しい、悲しい、、、
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月27日

    リアルで正しい贖罪なのかもしれないけれど、前作の事を考えると胸が痛い。被害者でもある彼の幸福を得れる人生を奪った相手は、のうのうと生きているのかもしれないコトを考えるとあまりに悲しい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月30日

    一気にぐっと読んでしまいました。
    アイシテルの続編ということで、
    気になって読み始めましたが、
    気軽に読まない方が身のためです。

    そうだよね。
    そうだよね。

    周りは無責任だものね。

    傷付けられて、
    傷付けて、
    それで彼らの得たものが、
    不幸であっては欲しくない。

    その不安を、
    揺さぶり続ける...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    せつない話です

    bokoshu 2018年11月25日

    結局のところ、被害者家族の気持ちは加害者には届いておらず、そのあたりがせつないです。

    不幸になってくれ、とは、誰も思っていないのに。
    被害者母親の手紙、もう一度、読み直してくださいまし。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年08月20日

    理解してくれる家族が出来て本当に良かった。
    赤ちゃんが生まれて、しわくちゃで「なんかじじぃに似てない?」って場面が好き。読んでて心が温かくなった。

    ただ、個展を開いても世間が無反応だったのが不思議。
    名字は替えているが、母親の旧姓だし
    名前は同じ裕二。

    ストーリーとしては幸せを掴む裕二をもちろん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

アイシテル ~絆~ のシリーズ作品 全2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • アイシテル ~絆~(1)
    完結
    ぼくのお兄ちゃんは人殺しです。――年の離れた優しい兄を父母よりも慕う幼い弟。無垢な子どもの瞳が真実を知る前に、兄は姿を消した。それが弟の心に大きな傷となって残るとも知らずに……。やがて、兄が少年時代に犯した「殺人」という恐るべき罪を知り、その業を一身に背負うことになる弟の運命は――!? TVドラマ化された『アイシテル―海容―』の続編にして、まったく新しい兄弟の物語。
  • アイシテル ~絆~(2)
    完結
    おまえ自身は、善人か? ――“殺人犯の弟”という大きな十字架を背負って生まれてきた裕二(ゆうじ)。人との絆を結ぶことができない彼も、心に愛を灯す存在と出会い、一歩ずつ幸福へと歩みだした。しかし、幼き日に姿を消した兄との愛しい記憶が彼を縛り続ける……。ただ生きることが、こんなにも苦しい……。殺人を犯したかつての少年と、その弟の運命の物語、完結。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています