観察力を磨く 名画読解

観察力を磨く 名画読解

作者名 :
通常価格 2,475円 (2,250円+税)
紙の本 [参考] 2,750円 (税込)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

フェルメールが描いた女性の表情から、あなたは何が読みとれる? アートを分析する力は、仕事にも活かせる! バイアスにとらわれない洞察力、重要な情報を引き出す質問力、確実に理解してもらえる伝達力、失敗しない判断力――FBIやCIA、大手企業などで実践されている手法を身につけよう。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
早川書房
ページ数
368ページ
電子版発売日
2016年10月15日
紙の本の発売
2016年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
57MB

観察力を磨く 名画読解 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年09月03日

    学術的ではないけども,観察次第でその後の結果が変わってくるということがよく分かる。面白かったからまたいずれ読む!

    『知覚力を磨く』はこの本のダイジェスト版のように感じます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月26日

    物事の捉え方を学んだ。
    人間は何となくで世界を認識しているんだと気付かされた。目の前の人や日常の出来事も、名画を観察するように捉えれば、新たな発見に満ちているかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月02日

    星4.6

    刑事系探偵小説における観察力について考えている時に、当時発売されたばかりの『独学大全』に言及があったのをみつけて手に取った。

    日々の観察の前提を変えさせられる内容だった。まず (1) 目の前に鎮座してあるはずのものを正確に漏れなく言語化することの、"思った以上の"難...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月27日

    世界の見方が一気に広がる。

    「見える」じゃなくて「見る」を徹底する。主観を排除し、客観的に。自分が日常的に色々なことを見落としてることを突きつけられる。

    木を見て森を見ないこともあれば、森を見て木を見ないこともある。

    それらを集約的に我々に伝え、啓蒙してくれる存在がアートだ。幸いにも美術史家の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月17日

    社会で活躍していくためには違いを見つけることが大切で、それを磨く方法の一つが"客観的な観察力"である。

    観察力は、すでに答えが分かっている、美術作品を観察することで鍛えることができる。と冒頭で述べ、様々な分野の芸術作品から、適切に観察する方法を伝えていく。

    観察、分析、伝達、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月20日

    「知覚の技法」セミナー講師による
    「観察力を磨く」ための本。
    日常生活が毎日変わり映えしないなーと
    感じてた時に感動した1冊。
    「アートを教材にすれば、複雑な状況はもちろん、
    一見すると単純だが実は深い意味を持つ場面も
    分析できる。」
    「大人になるということは、
    複雑な世界の成り立ちに無感動になり、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月04日

    ・まず自分の見で見る→既存の情報や意見を参考にする→もう一度、自分の目で見る
    ・自分がいる場所や、分析しようとする場面の状況について、事物の配置を押さえることは重要だ。不測の事態が起きたときなど、それで命拾いするかもしれない
    ・なんでもない場面に隠れている平凡なものをきちんと見るには、意識して注目し...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月20日

    美術本かと思ったら、認知の本。主に平面絵画を取り上げているが、そこでのディテールおよび本質をどれだけ観察できるかと現実の観察を結びつけている。
    芸術作品はとかく主観で判断してしまうが、それをできるだけ客観でみる。数値や他の人にわかる情報の形にする。
    何が描かれているか、何が描かれていないか、何を知る...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月17日

    絵画の鑑賞方法を解説した本かと思っていたが違った。絵画や写真などを題材にして、物事を観察することの重要さ、観察したことの分析と、自分が知覚した事を伝えるコミュニケーション手段についてを解説する。仕事の役に立つのはもちろん、子どもに読ませて観察力を強化してあげたい。本書でも「見る」と「観察する」はまっ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月15日

    アートについての本やと思ってたら、それよりも考え方の本やし、心理学的でもあるな。
    仕事に使えそうな考え方が書いてあったり、外国で起こった出来事とか事件について知れて、それを観察力と絡めてるのがおもしろい。
    現実世界での困難には、難解なアートを見た時と同じように対処する。
    この視点で自分の仕事に取り組...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています