酒場図鑑 ―酒と肴をとことん楽しむために―

酒場図鑑 ―酒と肴をとことん楽しむために―

作者名 :
通常価格 1,408円 (1,280円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「酒場」といってもいろいろある。居酒屋,立ち飲み屋,角打ち……。そして,それぞれにルールとマナーがあり,楽しみ方がある。まずは「いい酒場を見つけるコツとは」で大衆酒場の世界にご案内。さらに酒場に行く前に知っておきたい酒と肴にまつわる知識とは? 「下町ハイボールの伝説」「とりあえずビールの謎」「ホッピーの4段活用」とは何か。そしてまた煮込みとモツ焼きから串カツ,珍味ワールドへと誘う。さらにさらに,酒飲みは酒場の造りにも目配りを怠ってはならない。これらを知らずして,昭和酒場に行くべからず。これは,酒飲み初心者と呑兵衛のための,本邦初の大人の図鑑である。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
暮らし・健康・美容 / 食・料理
出版社
技術評論社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年10月07日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
51MB

酒場図鑑 ―酒と肴をとことん楽しむために― のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月23日

    居酒屋の作法、楽しみ方、オススメの食べ物や飲み物
    豊富な薀蓄と、親しみのあるイラストで居酒屋に行きたくなる
    下町ハイボールの三冷に対する詳細な記述など随所に著者のこだわりが窺われる

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月09日

    読んでるだけでホロ酔い気分。仕事帰り、列車の中でビール片手に読むと、居酒屋でくつろいでる気分。しかし、キンミヤ焼酎=甲類は九州人には馴染めない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月02日

    酒場の巡り方について開設している本。最近、あまり土地の酒場に行っていなかったため、大変参考になった。楽しみながら酒場を楽しむ。久しぶりにそんな飲み方をしたい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています