壁を壊す

壁を壊す

作者名 :
通常価格 1,584円 (1,440円+税)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

壁を作るのも、壊せるのも「人」。物理的な壁から組織や人の見えない壁まで全て壊す。たった7年で経常利益10倍にした老舗企業の、企業改革の考え方と手法とは。破壊と創造の経営で、オールドエコノミーから脱却し、新しい開かれた企業に生まれ変わるまでの改革実戦記。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
ダイヤモンド社
ページ数
216ページ
電子版発売日
2016年09月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

壁を壊す のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2014年10月08日

    古い考えの会社をどうやって立てなおしたか。とても面白い、且つためになる内容だなと思った。

    ・「べき論」と「やりぬく」こととはまったく別のこと
    ・社内の論理ではなく市場の論理で、協調ではなく競争の原理を
    ・「選択と集中」の徹底。判断基準は、市場があるか、当社に競争力があるか、社員にやるきがあるか
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月22日

    DOWAホールディングス会長が著者

    将来性がないと考えられた企業から
    ホールディングス化、環境事業への
    新規参入など、超高収益企業への改革を
    成功させた本人によって、成功までの道のりを
    書いた本。

    ■「べき論」はいらない。「やり抜く」ことこそ仕事

    ■組織には改革を阻む無数の壁があ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月11日

    2011年8月
    いちいち共感する内容。今、会社に対して持っている不満がそのまま書かれている。
    人事部出身の著者が、よくフロントの人が持つ不満がわかるな、と。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月06日

    ”見えない「壁」は、私たち一人一人の心の中にある。これを壊して「やり抜く」力を引き出すことが、改革には不可欠なのだ。”
    どこの企業にもあるような悪しき伝統(壁)を破壊し、様々な改革を断行していく様子が分かりやすく書かれており、参考になる内容が多かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月03日

    会社の他部署の人に「面白い。ぜひ人事の人に読んでほしい」と薦められて手に取った1冊。確かに面白かったです。

    著者は人労部門中心にキャリアを歩んで非鉄大手DOWAの社長になった人物。タイトル通りいろんな改革を断行する訳ですが、ひとつひとつの改革の中身は割とありふれているんだけど、老舗企業でこれをやり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月16日

    引用
    「今の仕事をまずしっかりとやり抜くこと、自分の軸をぶれさせないこと、そうすれば必ずチャンスがやってくる。苦労が花を咲かせるときがある。悔いる必要などない。」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年08月18日

    悪しき伝統と風土、低収益、借金経営からの脱却を目指すための、破壊的改革を成し遂げた老舗企業の本部長時代。
    異端者のたわごと扱いされ、多くを敵に回しても強行した合理化計画のスタート。
    合理化を為すための破壊が始まったのだ。
    会社の存続をかけて、かなり厳しい決断も下し、心身ともに疲労し心発作で倒れたこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月17日

    心の壁 長年の習慣の壁を壊す事の難しさを痛感する今日このごろ。。読み直して 心を満タンにして 打ちのめされての繰り返し。。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月08日

    企業の課題が自分の会社と似ている気がしたので、読んでみた。
    さすが、これだけの決断力と実行力がある人がトップになれば、会社も変われるのだろう。ただ、自分の疑問としては、老舗企業としてはある意味亜流の人物が出世できたのか、という方が疑問であった。本書は著者が上層部に出世してからの話がメインで、それはそ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月07日

    DOWAホールディングスの経営改革を行った元代表取締役の著者の一冊。

    読んでいくと伝統的な会社の古い悪しき体質がはびこっていたこと、それに対してメスを入れたことがわかりました。
    ・バブル時に出資した利益の出ない不採算事業を止め、利益の出る事業に投資すること。
    ・不要な本社接待などは止め、経費は出来...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています