「関西鉄道」の復興計画(前篇)

「関西鉄道」の復興計画(前篇)

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

本書のタイトルに冠した「関西鉄道」とは、一般名詞ではなく明治時代に存在した私鉄の名前です。

「関西鉄道」は、現在のJRの関西本線をメインに、大阪環状線の東半分、草津線、奈良線、桜井線、和歌山線、片町線といった路線網を展開する巨大私鉄でした。

官設鉄道と激しい競争を繰り広げたのち、「関西鉄道」は国有化され、昭和末期の国鉄分割民営化で大部分の路線がJR西日本に引き継がれて現在に至ります。

しかし、「旧関西鉄道」の各路線は一部を除いて、並行私鉄(特に近鉄)に圧倒されており、苦戦を強いられているのが現状です。

これら「旧関西鉄道」の活性化策を考えるのが、本書の目的です。

ジャンル
出版社
BCCKS Distribution
電子版発売日
2016年08月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

関連タグ:

「関西鉄道」の復興計画(前篇) のユーザーレビュー

    ネタバレ購入済み

    近鉄との競争

    taha 2020年05月11日

    草津線を使った京都〜鳥羽と近鉄特急との比較が面白かった。後編も読みたくなった。

    このレビューは参考になりましたか?

「関西鉄道」の復興計画 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 「関西鉄道」の復興計画(前篇)
    本書のタイトルに冠した「関西鉄道」とは、一般名詞ではなく明治時代に存在した私鉄の名前です。 「関西鉄道」は、現在のJRの関西本線をメインに、大阪環状線の東半分、草津線、奈良線、桜井線、和歌山線、片町線といった路線網を展開する巨大私鉄でした。 官設鉄道と激しい競争を繰り広げたのち、「関西鉄道」は国有化され、昭和末期の国鉄分割民営化で大部分の路線がJR西日本に引き継がれて現在に至り...
  • 「関西鉄道」の復興計画(後篇)
    本書の目次は以下の通りです。 第4章 奈良線 奈良線の沿革と現状/奈良線と並行私鉄の関係/京阪との連携/複線化の優先順位 第5章 桜井線 桜井線の実態/路線区分という弊害/桜井線の有効活用/桜井線の「四分割」 第6章 和歌山線 和歌山線の「三分割」/「直接吊架式電化」の功罪/和歌山線の車両置き換え/和歌山線の観光輸送 第7章 片町線 片町駅の流転/片町線と並行私鉄の関係/片町線の輸送実態/都市...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています