侯爵令嬢は手駒を演じる 1

侯爵令嬢は手駒を演じる 1

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面なのだ! ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ)ジュリアンナは悲願達成のために不本意ながら第二王子の手駒として任務に就くのだが……!?  第二回ライト文芸新人賞唯一の『優秀賞』作品! 「――すべてを騙し、命がけの舞台で演じきって 見せると、わたしの誇りに賭けて誓いましょう!」

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / その他女性向けラノベ
出版社
アリアンローズ
掲載誌・レーベル
アリアンローズ
電子版発売日
2016年08月12日
紙の本の発売
2016年05月
サイズ(目安)
9MB

侯爵令嬢は手駒を演じる 1 のユーザーレビュー

    購入済み

    完読出来なかった

    きるしぇ 2021年01月02日

    侯爵令嬢に王子が頼むことじゃないと思う。
    ラノベだから許されるのかも知れないけど、ちょっと追いつかなくて途中で読むのをやめました。
    好きな人は好きなのかもだけど、私には無理…

    このレビューは参考になりましたか?

侯爵令嬢は手駒を演じる のシリーズ作品 1~4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 侯爵令嬢は手駒を演じる 1
    社交界では『完璧な淑女』と呼ばれる侯爵令嬢ジュリアンナには秘密があった。『完璧な淑女』は、実は趣味で演じている役に過ぎない。虚構の仮面なのだ! ある日、理想の王子様と称賛されるが、実は腹黒な第二王子エドワードから、何故か王宮に呼び出され、鬼畜な命令をされてしまう。「俺の手駒になってよ、お前に拒否権はない」 (うわぁ……王子ってば真っ黒に輝いているわ)ジュリアンナは悲願達成のため...
  • 侯爵令嬢は手駒を演じる 2
    わたし、ジュリアンナは社交界で『完璧な淑女』と呼ばれる一方、未だに『腹黒王子』エドワードの手駒として、王都教会に潜入していた。王都教会では見習い看護師エレンを演じつつ、協力者と一緒に黒幕の正体に迫っていく……。 わたしは王子にも秘密の役を演じながら、悲願達成のために動き出す。そして、最愛の弟である美形諜報員に加え、腹黒王子、冷血補佐官、能天気騎士、最強メイドたちと共に、得意の...
  • 侯爵令嬢は手駒を演じる 3
    『完璧な淑女』ジュリアンナは隣国の暗部を探る王命を受け、『鬼畜腹黒王子』エドワードらと共にサモルタ王国へと向かう。「……この国、かなりおかしいのですわ」サモルタはジュリアンナと同じ紫の瞳を“神眼”と崇拝する王国。王女・リスターシャは片目の神眼が理由で、王位継承争いの渦中に居た。彼女の不遇に胸を痛めたジュリアンナは、隣国幹部達の謀略へと立ち向かう!! そしてもう一人、存在しないはず...
  • 【限定版】侯爵令嬢は手駒を演じる 4
    ディアギレフ帝国が自国へ侵攻したという報を聞き、隣国から帰還した『完璧な淑女』ジュリアンナを待ち受けていたのは、『鬼畜腹黒王子』エドワードからの婚約破棄だった。「わたしを弄んだことを後悔させてやる!」手のひら返しに憤るジュリアンナだったが、彼が敵地である帝国へ赴こうとしていることを知り、自分も同行すると決意する。二人は帝国内でのクーデターを目論む反乱分子「革命政府」との協力...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています