※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

その人だけが持つ習慣。それをこの本では「おへそ」と名づけています。

今号で『暮らしのおへそ』は21号目。10周年を終えて、11年目に、また新たな一歩を踏み出します。
テーマは「外へ」。漫画家のヤマザキマリさん、フラワースタイリストの平井かずみさん、
チーズ研究家のかのうかおりさんなど、
さまざまな方が「いつも」の自分から一歩外へ出る方法を教えてくれます。
普段と違う場所に、おへそを探しに出かけてみませんか?

編集ディレクター:一田憲子
撮影:日置武晴、大沼ショージ、興村憲彦、中川正子
   米谷享、馬場わかな、岡田久仁子、寺澤太郎
   有賀傑、枦木功、鍵岡龍門、亀和田良弘、岡理恵子
主婦と生活社刊


【目次】

モノから始まるおへそづくり
1.心の「タガ」の外し方/ヤマザキマリさん(『テルマエ・ロマエ』著者)
2.体力や筋力は人生を支えてくれる力/高橋百合子さん(「イーオクト」代表)
3.片づけで、人生はきっと変わる/平井かずみさん(フラワースタイリスト)
4.日本からフランス、そしてフランスから日本/パトリス・ジュリアンさん(ライフスタイルデザイナー)
5.呼吸を合わせ自然の音に耳を傾けて/渡邊乃月さん(中国茶の稽古「月乃音」主宰)
バッグの中身
6.実は私、面倒くさがりなんです/本多さおりさん(整理収納コンサルタント)
7.対談 暮らしのなかの本と絵/森岡督行さん(「森岡書店」店主) × 平松麻さん(画家)
8.興味があることは行って、味わい、蓄積する/かのうかおりさん(チーズ研究家)
9.実験と結果から「私ができること」を拾い上げる/附柴彩子さん(「サボンデ シエスタ」主宰)
10.子育てがラクになるおへそとは?/親野智可等さん(教育評論家)
おへそを定着させるためのルーティン力の鍛え方
11.自分にとって気持ちがいいことを探す/引田ターセンさん 引田かおりさん(「ギャラリーフェブ」主宰)
12.1枚の器との出会いでお店をオープン/吉田真弓さん(「サビタ」主宰)

ジャンル
出版社
主婦と生活社
掲載誌・レーベル
私のカントリー別冊
ページ数
88ページ
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

暮らしのおへそ vol.21

Posted by ブクログ 2016年04月16日

最近のおへそには少しマンネリ感を感じていたのですが今回の号はとても良かったです。足すだけではなく引いてみるといった様な、がむしゃらに頑張る!!というのではない(それが必要な時もありますが)姿勢が心地よかったです。

このレビューは参考になりましたか?