春画で見る江戸の性事情

春画で見る江戸の性事情

作者名 :
通常価格 1,089円 (990円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

江戸時代と現代、時を超えても、性への欲求・興味は変わらない。「ハレ」の場には表れにくい性の実態を赤裸々に描く春画を通じて、江戸の性生活と人間模様を読み解く。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
雑学・エンタメ / サブカルチャー・雑学
出版社
日本文芸社
ページ数
176ページ
電子版発売日
2016年07月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
23MB

春画で見る江戸の性事情 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2010年12月26日

    根ざすものは今も江戸も変わんねーなーw
    こういうものが春画として残っていることに驚いた。
    またこの文化をまじめに読み解いている本書の観点は面白いと思う。
    描写のナゾ(なぜバカデカイか?)や、
    坊さんの異性間性交は女犯として罰せられたが、男色は公然に大丈夫って言う時代の価値観も驚き。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています