1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

1勝4敗でもしっかり儲ける新高値ブレイク投資術

作者名 :
通常価格 1,512円 (税込)
獲得ポイント

7pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

普通の会社員の個人投資家が、2016年の厳しいマーケットでも
たった3カ月で1億円儲けた買い方、売り方をすべて教えます!

著者は、日中フルタイムで働く普通の会社員です。いわゆるサラリーマン投資家です。
勤めている会社も金融系ではなく、まったく株とは無縁のメーカーの社員です。

夜遅くまで働くことも多いので、
株式投資にあてられる時間は、帰宅後のわずかな時間と週末だけ。
会社の勤務中は、当たり前ですが株の売買はできません。

そのような環境でも、株式投資で「億」の資産を稼いでいます。
兼業投資家に適した投資のやり方があるのです。

最大のポイントは、「株は新高値で買え」というものです。

一般的に、株式投資は「安値で買って、高値で売る」と言われていますが、
著者の投資術は、「新高値をつけた銘柄を買って、さらに高値で売る」という、
米国の著名投資家ウィリアム・オニールの投資法をもとにしたものです。

チャートを利用して成長株を探し出して、
会社のビッグチェンジ(新製品、新業態、新事業、新経営陣による大変革など)の波、
ひいては、株価の大波に乗るというやり方です。

この投資術は、デイトレのようにパソコンに張り付く必要はありません。
毎日、30 分程度の作業で、2倍、3倍、ときには10倍以上に大化けする銘柄を探します。
作業は、帰宅後のわずかな時間を利用してできますし、
中長期的な投資なので、仕事をしている兼業投資家に適した投資術です。

本書には、この投資術の仕組みから、大化け銘柄の見つけ方、買いと売りのタイミング、
そして、1勝4敗でも勝てる損切りのルールやポジションサイズ・マネジメントまで、
著者の経験をもとに、勝つ投資家、負けない投資家になるための攻め方と守り方が
書いてあります。

株式投資の新常識「新高値で買って、さらに高値で売る!」が、
あなたを勝つ投資家、負けない投資家に変えます!

ジャンル
出版社
東洋経済新報社
ページ数
224ページ
電子版発売日
2016年07月01日
紙の本の発売
2016年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年11月20日

読み終わって大きなヒントを得ることが出来た一冊となった。
この本で紹介されていた他の本も読んでみて更に株式投資に対する知識をこれから深めてみたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月07日

流動性が低い株は買わない。
10%損切りは命綱。
会社では取引しない=ザラ場は見ない。
一度に10種類も取引しない。分散投資はしない。

高値を買って高値で売る。
動かない株を買うのは時間のムダ。
テクニカルで見つけて、ファンダメンタルズを確認する。

割安株の罠=インパクトが無ければ上昇しない。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月21日

新高値で株を買ってしっかり儲ける投資術を投資家でもあり、サラリーマンでもある著者が解説した一冊。

著者の失敗談からしっかり儲けることのできるための買い方や売り方やルール、情報収集の方法まで書かれており、非常に勉強になりました。
サラリーマンでもある著者が無理なく投資を行える方法でしっかりと儲けを出...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年03月20日

新高値ブレイク投資術という方法論。
新高値ブレイクしたらいいわけではなく、その理由を探る必要があり、そこに壁がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月17日

ファンダメンタルズあり、チャートあり、投資における一般的な注意点ありと教科書的な1冊。
やはりこの方も最初は1000万ものマイナスを出し、損切りの大切さを語られている。
冷静な判断の大切さや戦略のないナンピンの危うさ。
数々の失敗談から投資の恐ろしさを改めて感じた。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play