毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!

毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた!

作者名 :
通常価格 1,100円 (1,000円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「セイゲン」「ズラシ」「カソク」の3つの時間術を駆使するだけで
働く時間は短くなり、給料も上がる――。
税理士として活躍する著者は、「ムリなくお金を増やすには?」という問いに、
本書でこのように答えます。
3つの時間のつかい方を実践するだけで、
「毎日定時で帰っても給料が上がる人」に変身することができるのです!

たとえば、「セイゲン」術として紹介している「やらないことリスト」。
先に「やらないこと」を決めることで、驚くほど時間の効率がよくなり、仕事の生産性がどんどん上がっていきます。
また、「ズラシ」術のひとつ、「1日の最後にやりたいことを少しやる」を実践すれば、
モチベーションが高い状態が続き、集中力の高いまま仕事に取り組めるでしょう。

このような「だれでも・すぐに」実践可能な、
43の「時間とお金が手に入る」メソッドと考え方が、本書では紹介されています。



*目次より

Chapter1 時間とお金、どっちが大事?
Chapter2 付け入る「スキ」を見つける時間管理術
Chapter3 定時で帰って給料を上げる方法(1)時間を制限する
Chapter4 定時で帰って給料を上げる方法(2)時間をずらす
Chapter5 定時で帰って給料を上げる方法(3)スピードを加速させる
Chapter6 残業せずに給料が上がる人になる8つの習慣

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネススキル
出版社
サンマーク出版
ページ数
217ページ
電子版発売日
2016年06月24日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

毎日定時で帰っても給料が上がる時間のつかい方をお金のプロに聞いてみた! のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2016年06月26日

    毎日を大事に過ごし、多くの仕事や遊びをこなす著者の、時間に関するメソッドが満載されています。
    すぐに取り入れたい「時間を大切に過ごすためのコツ」がいくつもありました。タイトルからは会社員の方向けの本に思えますが、経営者などにも利用価値の高い本です。今日から、自分の時間のつかい方が変わるのが楽しみです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月01日

    残業しない仕事術として、とても参考になりました。
    ポロモードテクニック(タイマーを使う仕事術)はじめ、
    紹介されている方法はよく言われることかもしれないけれどもできていない部分もあるので、実践してみようと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月13日

    働く時間が短いほど年収は上がる!
    と言う言葉につられて
    読み始めました。

    3つの時間術には
    1.制限
    2.ずらし
    3.加速

    時間のマイルールを作り
    他の人との時間をずらして時間をつくる。
    そして仕事のスピードアップ

    いくらお金があっても
    時間がなければ意味がないと思う

    お金もあり、時間もある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月18日

    著者が言うようにうまく時間が使えれば、人生充実するかもしれない。いつも思うけれども、こういう本を読むと必ずと言っていいほど朝早く起きるのがいいと言うけれども、これだけは絶対できない、私。悲しいけれど。
    自分に合いそうな、できそうなことからやってみるのも悪くないと思った。

    出だしから、80歳まで生き...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年09月08日

    feedly使う。チェックリストを作る。チェックリストのPDCA回す。
    仕事中に話を振ってくる→今急ぎの仕事があるので申し訳ありません。仕事を急に振ってくる→今この仕事をやっているのですがどちらを優先すべきでしょうか。ミスした→すぐ報告する。ミスの原因を入力し、気持ちを切り替える。
    自分がめんどくさ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング