嘘は恋の始まり

嘘は恋の始まり

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 682円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

モーネイは凍りついた。姉の夫が事故を起こし、逃げ去ったのだ。義兄に泣きつかれ、モーネイはやむなくその場をあとにしたが、助手席にいたモーネイには、男性の姿をはっきりと見てとれた。長身で黒っぽい髪、貴族的な顔立ちの洗練された紳士。ところが、その男、実業家ブラッド・ケンドリックもこちらの顔をしっかりと見ていた。翌日、良心の呵責からブラッドの病室に見舞いに行くと、男は、一方的に彼女を犯人と決めつけ、罪のつぐないを求めてきたのだ。モーネイは姉の家族を守るため、言いなりになるしかなかった。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ハーレクイン・ロマンス小説
出版社
ハーレクイン
掲載誌・レーベル
ハーレクイン文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2016年05月06日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

嘘は恋の始まり のユーザーレビュー

    購入済み

    ©︎1990年

    ikm 2017年10月20日

    36歳会社社長
    22歳役所の秘書(公務員?)
    ヒロインが義理兄を庇ってヒーローにつくす。なんか『疑われた無垢』の焼き直しかと思える。ヒーローの愛情余り感じられず、ただヒロイン一人オロオロな状態。
    ヒロインの姉と両親が仲悪いと言う設定もいつものジェシカのホンワカ雰囲気を損ねた気がする。
    ヒロインの純真...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています