ぷしゅ よなよなエールがお世話になります―くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話

ぷしゅ よなよなエールがお世話になります―くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ずっと赤字だったのに、なぜ11年連続増収増益の会社に変われたのか?
37歳からの挑戦で数々の奇跡を起こした挫折と再生のストーリー。
読む人によって感動ポイントが変わる十人十色のビジネス書です!

【経営者】→ ファンは100人に1人でもいい
 ずっと赤字だったのに11年増収増益の会社に生まれ変わった秘密がわかる!

【リーダー】→ 早ければ早いほど、最高のチームができる
 同じ目標に向かって突き進むチームのつくり方がわかる!

【営業・マーケティング】→ 売れる製品には物語がある
 少ない予算で口コミを広げる、すごい方法がわかる!

【商品開発】→ ヒット商品から学んだ3つの法則
 小さな会社の製品でも興味をもってもらうネーミングの秘訣がわかる!

【プロモーション】→ ファンは触れ合う機会を求めている
 熱狂的なファンが増え続ける、お客様とのつながり方がわかる!

【ネット通販】→ スキルは挑戦しながら身につければいい
 お客さまの心を動かす、製品の特徴やこだわりの伝え方がわかる!

【お客様窓口】→ クレームは感動に変えられる
 お客様との真剣勝負が会社も自分自身も成長させることがわかる!

【若手社員】→ 得意なことを仕事にすると、人は輝く
 自分の強みを知って毎日が楽しくなる働き方がわかる!

【よなよなエールのファン】→ よなよなエールのレシピの秘密
 よなよなエール誕生の秘密、最大の危機を救った言葉、なぜ社長が仮装をするのか?
 ファンから感動をもらった「宴」の話、「水曜日のネコ」などの商品開発秘話など、
 ファンなら誰もが知りたい話がいっぱい。付録はエールビールの楽しみ方!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
東洋経済新報社
ページ数
288ページ
電子版発売日
2016年04月08日
紙の本の発売
2016年04月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

関連タグ:

ぷしゅ よなよなエールがお世話になります―くだらないけど面白い戦略で社員もファンもチームになった話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年11月15日

    最高だった。

    てんちょさんの視点から語られるストーリーも最高だし、どん底からファンを作り愛されるブランドになっていくそのプロセスもとてもよかった。熱い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月06日

    星野や系列というとこがはじめてわかった。
    文体から滲み出る井出さんの人柄。
    直接お会いしてみたいなあ

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年02月17日

    ・自分の価値に気づくこと
    ・大きなゴールをもつこと
    ・ゴールを共有できる仲間を持つこと
    これらに愚直に取り組んだ結果の生の声に感動する!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年02月24日

    とてもテンポよく、読みやすい作品たった。
    てんちょ(作者)の社会人人生の物語で、本当に自分の製品が好きで、常にどうやったらみんなに知ってもらえるかを考えてるんだなぁと思い、自分の仕事に対する姿勢を見直す良いきっかけになったと思う。
    この本もまた、よなよなエールやその他のビールの売上向上につながる良い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月13日

    ここの「水曜日のネコ」というビールの大ファン。気になって読んでみた。
    てんちょの努力、人柄に感服。楽しく働く、風を起こす、そんなことができる人の等身大の話を読めて、私にもできるかもとパワーをもらった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月24日

    クラフトビール・ブルワリー最大手のヤッホー・ブルーイングの社長である井出直行氏が、1997年の同社の立ち上げから、2000年頃の地ビールブームの衰退を乗り越えて、全国のコンビニやネット通販で確固たる人気を得るまでの道のりを振り返った聞き書きである。(同社の初代社長は星野リゾート社長の星野佳路氏で、井...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月26日

    「読む人によって感動ポイントが変わる十人十色なビジネス書です」とうたわれている通り、人によってグッとくるポイントが違うのだと思った。
    個人的にグッと来たのは、7章と8章。特に「センター返し!避ける二遊間!」については、分かる分かる!と共感しまくりだった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月24日

    「個性豊かなビール文化を日本に根付かせたい」という変わらない想いのもと、試行錯誤した軌跡を辿る1冊です。スーパーに並ぶよなよなエールの裏側を垣間見ることができました!

    人生を豊かにしてくれる1杯やイベント・コミュニティを世に送り出し続ける姿勢が素敵だなと思いました(*´꒳`*)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

    今やすっかりエール系ビールのトップに君臨するよなよなエールを醸造するヤッホーブルーイングの社長による、いわゆるサクセスストーリー。
    私がよなよなエールと出会ったのは、15年ぐらい前。
    いわゆる低迷期だったのだろうか?都内にある某酒屋チェーンでバイトをしていた時に出会った。
    ネーミング、そしてビジュア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月14日

    引き続きビールの勉強……と思って買ったけど、どちらかというとこの前読んだ「美酒復権」のような、サクセスストーリーのお話し。
    よなよなエールですら、地ビールバブル崩壊の後はここまでの苦境に立っていたとは。あの時期に立ち上げて、今まで残ってる蔵は凄いなあと改めて。というか、ヤッホーが星野リゾートのグルー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています