シャッター通りに陽が昇る

シャッター通りに陽が昇る

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
紙の本 [参考] 616円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

瀬戸内の城下町“さぬき亀山市”。かつては大勢の客で賑わった亀山商店街だったが、今ではわずかに数店舗が開いているだけの寂しいシャッター通り。東京からドロップアウトして戻ってきた果物屋の一人娘、英里子はその光景を目にして商店街の復興を決意するが――。芸術家の道風、左遷中の銀行マンの田嶋ら、個性豊かな面々と力を合わせて地元のために奮闘する、アラフォー女性の町おこし小説。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
272ページ
電子版発売日
2016年04月01日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

シャッター通りに陽が昇る のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2016年02月02日

    主人公が商店街の再生を決意する場面は、まだ冒頭と言っていいところでしたが、熱くなりました。善人しか出てこないので、終始爽やかです。いや、主人公のせいで善人になっていったというべきでしょうか。
    サブキャラがリレーのように活躍していくのですが、道風のようなキャラクターは、もっと活かしてもよかったかも。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月12日

    故郷に帰ってきたアラフォー女性が地元の様々な人達と共に町おこしを行う物語。
    通して地元愛と彼女の生きがい。それが全編に通して描かれています。
    最初はあまり協力的でない面々も、彼女の熱意と行動力に押され。町おこしのグルメ、そしてJリーグチームと元スター選手と。Jリーグも好きな自分にとっては移入して読め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月18日

    「限界集落」「シャッター通り商店街」
    …そのあたりの、さびれてしまった町や村、若者に見向きもされなくなった土地の経済をどうしよう…という作品がいくつかあって、こちらもその一つ。
    若い子の、夢優先…ではなく、中年齢層の、お役所や地元の自営業者との関わりも合わせて描いて行く作品。
    万事うまく行きました!...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月29日

    シャッター通りを復活させる話。初読みの広谷鏡子さん「シャッター通りに陽が昇る」、2015.12発行。郷里で果物屋をしている父が入院し、東京で失恋した藤木英里子39歳が退職し、郷里(香川の城下町)に帰って町おこしをする物語。抑え気味で徐々に町おこしが進行していくけど、もう少し恋も町の活気も盛り上げてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月26日

    町おこしの話は興味があって、主人公を応援する気持ちで読み始めたけど、なんか登場人物みんな中途半端というか魅力がなくて、ドラマでよくある、おもしろそうな内容で出てる人もいいのになんか視聴率が伸びない、みたいなそんな感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月24日

    故郷へ帰ってきた主人公が、再会したり新たに会う地元の人々と交流し、商店街の復興に巻き込まれていく。
    自分はどうすべきだろうか、自らの意志をを持って地域のために何をしていくべきだろうかと成長する。
    小さな世界の改革だが、たくさんの人のエネルギーを感じるところに、満足感を得られました。

    私はこの作品が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月05日

    親が倒れ、恋人にもふられて傷心の状態で故郷に戻ってきた英里子。かつての賑わいを失った商店街の復興を決意するアラフォー女性の町おこし小説。
    観光で訪れた町の駅前商店街が寂れていると、とても悲しい気持ちになる。工夫や努力だけで活気が生まれるような甘い世界ではないと思うが、繁盛している商店街には個性がある...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年01月12日

    舞台は、丸亀市をモデルにした「さぬき亀山市」。東京から故郷に戻ってきた果物屋のアラフォー娘が、商店街復興に取り組む物語。実際に最近アーケードの一つが撤去されたし、現実に行われているイベントも出てきて、その裏側を覗いている感じだった。しかし、現実はまだまだ商店街復興にはほど遠い。ますは、カマタマーレの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています